【艸木風信帖】 02 長崎中島川と1982年長崎大水害の記憶 ときの助役として奮迅の活躍をされた宮川雅一氏

投稿 

蝉が啼いていた。平野富二生誕170年とあって古谷昌二さん、平野正一さんと長崎訪問。1982年7月23日かつてない驟雨が長崎を襲いおおきな被害をもたらした。世にいう{長崎大水害}。当時長崎市の助役だったのが宮川雅一氏。現在は長崎都市経営研究所所長・長崎市史談会顧問{ 文字壹凜 Summary }。あれから35年、半壊状態となった眼鏡橋も再建されて、長崎は力づよく復興した。桃渓橋は「眼鏡橋」からすこし上流にある。川面をわたる涼風が心地良かった。

中島川桃渓橋から上流方向をのぞむ 長崎中島川桃渓橋 桃渓橋解説 宮川雅一氏と平野の会

【艸木風信帖】 01 梅雨があけた 日本の夏がはじまる 暑さにまけずカラッと元気におすごしください

投稿 

07月19日関東地方の梅雨明けが発表。ことしも各地で颱風なみの大荒れがあり九州での集中豪雨もあった。被災地の皆さまにお見舞い申しあげますとともに、皆〻様はご健勝にて梅雨を乗りきられましたでしょうか。吾が「空中庭園」では矮性の「百日紅 サルスベリ」が薄紫の花をつけ、日ごとに色を濃くしています。またうっかりすると見落としますが、観葉植物として知られる「ワイヤー・プランツ」もあえかな花をたくさんつけ蜜蜂のお気に入り。

DSCN2855 DSCN2835