【艸木風信帖】 07 10月上旬「おかわかめ」が開花。どうかこのあいらしい姿を見て欲しい

投稿 

「おかわかめ倶楽部」なるふしぎな会があって、数名の会員が存在している。おそらくノー学部が気まぐれにどこかから「おかわかめ」を入手、その挿し芽やムカゴを配布したものらしい。{文字壹凜 おかわかめ Summary}吾が「空中庭園」にも植えてみた。緑のカーテンを期待したが、いつのまにかベランダの手すりに巻きついて繁茂したのでそのまま放っておいた。10月初旬空中庭園のおかわかめが花をつけた。開花はほとんど期待していなかったのでうれしかった。

DSCN3776DSCN8259-627x470[1] IMG_7756-627x627[1]

【艸木風信帖】 06 新潟県長岡市の会員「紙漉 サトウ工房」さんからトロロアオイと吾亦紅の開花のお便りをいただきました

投稿 

{サラマ・プレス倶楽部の皆さま} ごぶさたしております。『 Salama Press Club NewsLetter Vol. 35 』無事に到着しております。種を分けて頂いた背の高い方のトロロアオイ〔東京あきる野市五日市町由来〕と並んで吾亦紅が花を咲かせています。よかったです。この先が心配になるほど肌寒くなったと思ったら、明日はまた暑くなるとか。皆さまどうかお体に気をつけてお過ごし下さい。それではまた!
紙漉 サトウ工房  佐藤徹哉

IMG_3086会報誌35号表紙resized鹿児島イベント DSCN7733[1] DSCN7734[1]

【艸木風信帖】 05 晩夏を彩る〝さるすべり 百日紅 漢名:紫薇 シビ〟と 安立院戒壇石〝葷酒門内に入るを許さず〟

投稿 

夏のあいだ啼き足りなかったのか蟬がとぎれとぎれに鳴いていた。09月09日{平野富二生誕一七〇年祭}肝煎り、日吉、玉井、時盛さんらと谷中一円を散策・採拓にはげむ。道中サルスベリの古木に紅の小花が群がり咲いていた。幹はうねりながら平滑で、瘤も多く、まさしく猿も滑りそうな「さるすべり 百日紅」であった。帰途に安立院戒壇石に「不許葷酒入門内」をみる。
艸木風信帖 文字壹凜Summary

谷中サルスベリ0909 谷中掃苔会170909 _安立院戒壇石170909 石のエクリチュール

 「石のエクリチュール」 PDF  8.41MB

【艸木風信帖】 04 トロロアオイ 漢名/黄蜀葵 ゆく夏を惜しんで今を盛りと

投稿 

吾が空中庭園の女王 : トロロアオイが次〻に大輪の花をつけている。ここにはトロロアオイを二鉢植えてあるが、ひとつは三年物、ひとつは二年物で、ときおりみる一年草という紹介はすこし違うようである。ただし連作をひどく嫌うようで鉢の土はあたらしいものにする必要がある。もうすこし秋がふかまると、蒴果(種子)は黒ずんで硬くなり、風に吹かれておもく揺れる。中にはごま粒ほどの種がみっしりと入っている。{関連/活版 à la carte}{ 文字壹凜Summary } 

DSCN2650 DSCN7556 DSCN2652

【艸木風信帖】 03 トロロアオイの開花報告をいただきました。残暑から晩夏へと移ろいのいま、大輪の花があでやかです

投稿 

サラマ・プレス倶楽部会員/田中智子さんから、新潟紙漉サトウ工房からお分けいただいた矮性のトロロアオイの開花報告をいただきました。ことしの天候はどこか不安定でしたが、花のすくない晩夏の時期でも、つぎつぎと大輪の花をつける健気なトロロアオイです。
田中さんは五日市の軍道紙工房由来のトロロアオイの育成経験がおありですが、おなじ品種とはおもえない茎のながさにおどろかれていました。
夏、ほんとうに終わりですね。

IMG_0103 IMG_0106

【艸木風信帖】 02 長崎中島川と1982年長崎大水害の記憶 ときの助役として奮迅の活躍をされた宮川雅一氏

投稿 

蝉が啼いていた。平野富二生誕170年とあって古谷昌二さん、平野正一さんと長崎訪問。1982年7月23日かつてない驟雨が長崎を襲いおおきな被害をもたらした。世にいう{長崎大水害}。当時長崎市の助役だったのが宮川雅一氏。現在は長崎都市経営研究所所長・長崎市史談会顧問{ 文字壹凜 Summary }。あれから35年、半壊状態となった眼鏡橋も再建されて、長崎は力づよく復興した。桃渓橋は「眼鏡橋」からすこし上流にある。川面をわたる涼風が心地良かった。

中島川桃渓橋から上流方向をのぞむ 長崎中島川桃渓橋 桃渓橋解説 宮川雅一氏と平野の会

【艸木風信帖】 01 梅雨があけた 日本の夏がはじまる 暑さにまけずカラッと元気におすごしください

投稿 

07月19日関東地方の梅雨明けが発表。ことしも各地で颱風なみの大荒れがあり九州での集中豪雨もあった。被災地の皆さまにお見舞い申しあげますとともに、皆〻様はご健勝にて梅雨を乗りきられましたでしょうか。吾が「空中庭園」では矮性の「百日紅 サルスベリ」が薄紫の花をつけ、日ごとに色を濃くしています。またうっかりすると見落としますが、観葉植物として知られる「ワイヤー・プランツ」もあえかな花をたくさんつけ蜜蜂のお気に入り。

DSCN2855 DSCN2835