【展覧会】京都国立近代美術館|生誕150年 ─ 横山大観展|’18年6月8日-7月22日|終了

京都近美おもて 享子近美うら

京都国立近代美術館
生誕150年 横山大観展
会  期  2018年6月8日[金]-7月22日[日]
      * 期間中、展示替を行います。
      前期:6月8日-7月1日/ 後期:7月3日-7月22日
開館時間  午前9時30分-午後5時 * 入館は各閉館時間の30分前まで
      6月8日-6月30日の金曜日、土曜日は午後8時まで開館
      7月6日-7月21日の金曜日、土曜日は午後9時まで開館
休 館 日  毎週月曜日
      * 7月16日[月・祝]は開館、7月17日[火]は閉館
主  催  京都国立近代美術館、東京国立近代美術館、日本経済新聞社、毎日新聞社
──────────
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。
東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立。新時代における新たな絵画の創出を目指しました。西洋からさまざまなものが押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試みました。また主題についても従来の型から抜け出し注目を集めました。やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性をそなえた数々の大作を生み出しました。

本展では《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や、《夜桜》《紅葉》(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品や習作などの資料をあわせて展示します。

【詳細: 京都国立近代美術館  特設サイト