【展覧会】相国寺承天閣美術館|『 温 故 礼 賛 』── 百花繚乱・相国寺文化圏|’18年Ⅰ期Ⅱ期 10月13日-’19年3月24日

jonkoraisan2018_01Lonkoraisan2018_02L相国寺承天閣美術館
『 温 故 礼 賛 』── 百花繚乱・相国寺文化圏
開催期間  Ⅰ期:2018年10月13日[土]-2018年12月24日[月・振休]
      Ⅱ期:2019年01月13日[日]-2019年03月24日[日]
      〔会期中無休〕
開館時間  10:00-17:00(入館は16:30まで)
入  館  料  一般 800円、65歳以上・大学生 600円、中高生 300円、小学生 200円
会  場  相国寺承天閣美術館
      〒602-0898 京都市上京区今出川通烏丸東入
主   催  相国寺承天閣美術館、京都新聞
────────────────
今から約六百年前、室町三代将軍・足利義満によって創建された相国寺は、金閣、銀閣の世界文化遺産を有し、今もなお禅の古刹としての存在を誇っています。そこで育まれた文化は、足利将軍家の唐物趣味(中国趣味)と深く関わり、他の京五山禅林とは異なる独自の文化を構築しました。
金閣では義満が膨大な中国絵画の名品を愛玩し、銀閣の地・東山山荘の同仁斎では、八代将軍義政が中国の隠遁思想を体現しました。また相国寺では画僧たちが将軍家の御用絵師に代々就任し、そこに誕生した画風は室町水墨画史を多様に彩りました。
相国寺の文化活動は、室町文化の歴史に新風を吠き込みました。

今回の展覧会は、相国寺文化圏と銘を打ち、国宝・重要文化財を多く含む、相国寺に伝来の名品を一堂に展観し、室町時代からの歴更の荒波を乗り越え今に伝わる寺宝への、温古(古きをあたためる)という教えを礼讃しようとするものです。
今春、重要文化財に新指定された円山応挙筆「大瀑布図」の巨軸も堂々のお披露です。
ご堪能ください。

【 詳細: 相国寺承天閣美術館