【展覧会】住友コレクション SEN – OKU HAKUKOKAN MUSEUM|泉屋博古館 京都鹿ケ谷|開館60周年記念名品展Ⅰ|モネから始まる住友洋画物語|’20年3月14日-5月17日|終了

81438151_2813231248733736_8764820944419028992_o

住友コレクション SEN – OKU HAKUKOKAN MUSEUM
泉屋博古館 京都鹿ケ谷
開館60周年記念名品展Ⅰ モネから始まる住友洋画物語
会  期  2020年3月14日[土]-5月17日[日] 
休  館  日  月曜日、4 / 24、5 / 7(5 / 4は開館)
──────────────
日本にまだ西洋美術館がなかった時代、住友家15代当主となった春翠は、いち早くクロード・モネやジャン=ポール・ローランスなどを収集し、明治36年竣工の須磨別邸に飾りました。そのコレクションは画家や地域の子供達にも公開され、須磨別邸はさながら邸宅美術館の様相を呈していたのです。
コレクションはその後、春翠の子息たちにも継承され、岸田劉生や梅原龍三郎、熊谷守一らの優品を加えて現在に伝えられています。モネからはじまる住友洋画コレクションを一挙公開します。

泉屋博古館分館(東京) 改修工事による休館のお知らせ
泉屋博古館分館は2020年1月より約2年、改修工事のため休館します。
休館期間中、皆様にはご不便をおかけいたしますが、
ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
【図録完売のお知らせ】
「金文」展図録 は好評につき完売いたしました。
再版について現段階では未定です。
何卒ご容赦下さい。

* 新宿餘談  さびしいですね。

[ 詳細: 住友コレクション 泉屋博古館 ]

kazari-downner

泉屋博古館 京都鹿ケ谷
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う当館の対策について  2月28日更新

開館60周年記念名品展Ⅰ「モネからはじまる住友洋画物語」は3月14日より開催の予定です。
但し、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、以下の点をご留意いただきますようお願い申し上げます。

  • 2020年3月14日(土)に予定していた「午後のゆるやかトーク」の開催を中止いたします。
  • 3月末まで青銅器館の解説ボランティアを中止いたします。
  • 館内の給茶器の利用を当面の間、中止いたします。
  • お客様および当館スタッフへの感染防止のために、スタッフがマスクを着用してご対応をさせていただくことがございます。

ご来館のお客様におかれましても、感染症予防にご協力をお願いいたします。

  • 出入口に消毒液を設置いたしますので手指消毒にご利用ください。
  • 会場内では、マスクを着用されるなど、お客様ご自身においても感染予防対策をお願いいたします。
  • うがい、手洗いの励行をお願いします。

ご理解・ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
なお、今後流行の拡大等、急激な状況変化が生じました場合は、臨時休館させていただくことがございます。
ご了承のほどお願い申し上げます。