【展覧会】東京都庭園美術館|キューガーデン|英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート|’21年9月18日-11月28日

teienn01

東京都庭園美術館
キューガーデン 
英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート
会  期  2021年9月18日[土]-11月28日[日]
会  場  東京都庭園美術館(本館+新館)
      東京都港区白金台5-21-9 ハローダイヤル 050-5541-8600
休  館  日  毎週月曜日 *ただし9月20日[月・祝]は開館、9月21日[火]は休館
開館時間  10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
観  覧  料  一般1,400円、大学生(専修・各種専門学校含む)1,120円、65歳以上700円
主  催  公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
特別協力  英国キュー王立植物園
──────────────

科学的視点と美しさを併せ持つ、ボタニカルアートの華麗なる世界
英国王立植物園「キューガーデン」はユネスコ世界遺産に登録され、22万点を超えるボタニカルアートを所蔵する世界最大級の植物園です。
はじまりは、1759年にジョージ3世の母であるオーガスタ皇太子妃がロンドン南西部に造った小さな庭園でした。ジョージ3世とシャーロット王妃の時代にその規模を飛躍的に広げ、当時ヨーロッパを席巻していた啓蒙思想などを背景に、研究機関としての整備も進みました。

本展では、18-19世紀に制作されたキューガーデン所蔵の貴重なボタニカルアートコレクションのほか、シャーロット王妃が愛し、王室御用達となったウェッジウッド社など陶磁器の数々を展示します。時代が大きく変革していく中で、英国において自然科学や植物画がどのように発展し、どのような歴史的背景を歩んできたのか、変遷をたどります。
精緻な描写による科学的視点と、目を奪われるような美しさが共存するボタニカルアート。世界中から集められた色とりどりの花々に囲まれるこの機会をどうぞご堪能ください。

<見どころ>
・鋭い観察眼により細かく描き込まれたボタニカルアートを一挙に約100点展示。

・手彩色が施された豪華な植物誌『フローラの神殿』『カーティス・ボタニカル・マガジン』など、貴重な図版の数々を出品。
・シャーロット王妃お気に入りのクイーンズウェアをはじめとしたウェッジウッド、ウースターやダービーなど王室ゆかりの陶磁器を紹介。

[ 詳細 : 東京都庭園美術館