【展覧会】篁牛人記念美術館|篁牛人生誕120年記念 館蔵品展125 笑いの世界|’21年11月17日-’22年5月22日

031117_001 (1)篁牛人記念美術館
篁牛人生誕120年記念 館蔵品展125
笑いの世界
会  期  令和3年11月17日[水]-令和4年5月22日[日]
休  館  日  令和3年12月28日-令和4年1月4日
入  館  料  大 人 100円、高校生以下 無 料
開館時間  9時-17時 * 入館は16時30分まで
問合せ先  富山市篁牛人 – たかむら ぎゅうじん – 記念美術館
      富山市安養坊1000番地 TEL・FAX 076-433ー9215
──────────────
笑いの場面は表現者も、鑑賞する側も活力が湧いてきます。今回のテーマは笑いとしました。
「虎渓三笑-こけいさんしょう」は中国東林寺-とうりんじ-の慧遠法師-えおんほうし-が、陶淵明-とうえんめい-と、陸修静-りくしゅうせい-を送別する時、話が尽きず、日頃は客を見送る境界としていた虎渓の石橋を過ぎ、気づいて三人で大笑いしたという故事を画としたものです。
虎の前に描かれた三人は首を伸ばしたり腕を広げたりし、体全体で笑いを表現しています。
一方、滲みを極力おさえた「渇筆画法-かっぴつがほう」で、熟して開いたザクロを描く「三笑図」も同じ意図の作品です。牛人が誘う笑いの世界をお楽しみください。

[ 詳細 : 篁牛人記念美術館