【展覧会】宇都宮美術館|企画展 開館25周年記念 全館コレクション展|これらの時間についての夢|’22年9月25日-’23年1月15日

宇都宮美術館あ 宇都宮美術館い 宇都宮C

宇都宮美術館
企画展 開館25周年記念 全館コレクション展
「これらの時間についての夢」
開催期間  2022年9月25日[日]-2023年1月15日[日]
開館時間  午前9時30分-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休  館  日  毎週月曜日(祝休日は開館)、10月11日[火]、11月4日[金]、11月14日[月]-18日[金]・12月29日[木]-1月3日[火]・1月10日[火]
      ※ ただし10月10日[月・祝]、1月9日[月・祝]は開館
観  覧  料  一 般 1,000円、大学生・高校生 800円、中学生・小学生 600円
主  催  宇都宮美術館
──────────────
本展覧会は、25周年を迎えた当館の歴史をまとめた年譜と共に、準備室時代の資料などを展示する空間からはじまります。続く展示室Ⅰでは、残された資料を基に、1997年の第1回コレクション展の再現をおこないます。図鑑の1ページのように、作品を見るために純化されたホワイトキューブにおける再現展示は、さながら25年前へのタイムスリップとなることでしょう。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上、参観を。
[ 詳細:宇都宮美術館 ]


続いて来場者が目にするのは、「時間」という目に見えないものに色と形を与えることで、時計やカレンダーとなったデザイン作品です。風景画を中心としたコーナーでは、山並みなど、不変的な光景を捉えた作品群が一堂に会します。さらに、本展は、世界が戦争の恐怖に包まれた1919-1943年の25年間に制作された、日本とドイツの作品群を集めたコーナー、当館のコレクションの代表的な作家であるマルク・シャガールの生涯を追う特集へと続きます。

さて、上記の当館の歩みとコレクション作品の紹介が、当館の「これまで」であるとしたら、「これから」を見せるのは、3名の招聘アーティストの作品です。
大巻伸嗣は、その代表作の1つ、岩絵具によって花々を描き出す作品『Echoes-Infinity』シリーズの新作を制作します。大巻はこのシリーズで、花柄や伝統的な文様を用いて、私たちの文化や記憶を鮮やかに描き出し、それらを見つめなおす空間を作り出してきました。
今回外光が差し込む吹き抜けのホールに現われる新作は、美術館のある森と調和し、美しく詩的な考察へと鑑賞者を誘います。
髙橋銑は、美術作品の保存と活用のジレンマを鋭く提示し話題となった映像作品《二羽のウサギ》に加え、当館での下見から着想した写真の新作を手掛けます。
力石咲は、これまでベンチ、建物、樹木などを、色鮮やかな毛糸で編み包む作品を発表してきました。今回は、編む行為によってつなぐというテーマを深化させ、糸をほどく事に意味を持たせる新作を構想しています。
彼/彼女たちの作品は、コレクションや宇都宮美術館の歴史に新たな視点をもたらし、鑑賞者を美術作品と時間をめぐる深い思索へと導くこととなるでしょう。 

※ 宇都宮美術館は、ながらく、空調改修、照明LED化などの工事のために「休館」でしたが、2022年9月25日に「再開館」することが決定・告知されました。
※ 新型コロナウイルスの感染状況等を踏まえ、臨時に休館日・開館時間・入館予約方法などを変更する場合があります。
[ 詳細:宇都宮美術館