【展覧会】東京都写真美術館|即興 ホンマタカシ|Revolution 9 : Homma Takashi|’23年10月6日-’24年1月21日|終了

20231006192633_00005 20231006192633_00006

東京都写真美術館
即興 ホンマタカシ
Revolution 9 : Homma Takashi
会  期  2023年10月6日[金]- 2024年1月21日[日]
会  場  東京都写真美術館 2F 展示室
      153-0062 東京都目黒区三田 1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
      電 話 03-3280-0099
開館時間  10:00-18:00(木・金は 20:00 まで)入館は閉館 30 分前まで
休  館  日  毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12/29-1/1)
観  覧  料  一 般 700 円 / 大学・専門学校生 560 円 / 中高生・65 歳以上 350 円
      * 小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料。
      * 各種割引、優待情報、関連イベント情報などは下掲詳細参照。
主  催  東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団  東京都写真美術館
──────────────────────
ホンマタカシ(1962 年、東京都生まれ)は 1999 年に写真集『東京郊外』(光琳社出版)で第 24 回木村伊兵衛写真賞を受賞しました。行政やデベロッパーによる画一的な開発が進む東京郊外の風景と人々を一定の距離感で撮影し、叙情性を排した視点が高い評価を受けました。
2011 年から 2012 年にかけて、国内 3 ヵ所の美術館を巡回した大規模個展「ニュー・ドキュメンタリー」を開催。キャリア初期に手がけたイギリスのカルチャー誌『i-D』をはじめとするマガジン・ワークや、変わりゆく東京の風景と、そこに暮らす一人の少女が成長する姿を写した〈Tokyo and my Daughter〉、写真家の中平卓馬をモチーフにした映像作品など、作家の写真・映像表現の広がりを概観する新旧作品が展示されました。

本展はホンマにとって日本の美術館で開かれる約10年ぶりの個展です。
作家は建築物の一室をピンホールカメラに仕立て、世界各地の都市を撮影した、本展の中核をなす出品作品〈THENARCISSISTIC CITY〉について、「都市によって都市を撮影する」と述べています。外に向かって開かれた小さな穴から差し込む光は、真っ暗な部屋の中に倒立した都市の風景を即興的に描き出します。

そして、この「即興」という言葉が本展では一つのキーワードとなります。作品や展覧会自体に偶然性を取り入れることに作家の現在の関心はあり、作品の中にも文字として現れる本展の英題「Revolution 9」は、イギリスのロックバンド、ビートルズが様々な音源を元にコラージュのように制作した、同名曲へのオマージュとして捧げられています。
本展では、この 10 年あまりに制作された作品を中心に、写真・映像表現にラディカルな問いを投げかける作家の今に迫ります。

< ホンマタカシ 作家略歴 >
1962 年、東京都生まれ。1999 年、写真集『東京郊外』(光琳社出版)で第 24 回木村伊兵衛写真賞を受賞。2011-2012 年、個展「ニュー・ドキュメンタリー」(金沢 21 世紀美術館、東京オペラシティアートギャラリー、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)を開催。著書に『ホンマタカシの換骨奪胎―やってみてわかった!最新映像リテラシー入門―』(新潮社、2018 年)など。
作品集に『Tokyo and myDaughter』(Nieves、2006 年)、『THE NARCISSISTIC CITY』(MACK、2016 年)、『Looking Through : Le Corbusier Windows』(窓研究所/カナダ建築センター/Koenig Books、2019 年)など。また、『Thirty-Six Views of Mount Fuji』(MACK、2023 年)、『TOKYO OLYMPIA(Nieves、2023 年)を刊行予定。

※ 本展はオンラインで 日時指定チケット が購入できます。
※ 事業は諸般の事情により変更することがあります。 あらかじめご了承ください。
[ 詳 細 : 東京都写真美術館 ]