タグ別アーカイブ: 佐賀県立 佐賀城本丸歴史館

【展覧会】佐賀県立 佐賀城本丸歴史館|特別展 生誕200年 島義勇|’22年10月7日-12月11日

佐賀城本丸01 佐賀城本丸02

佐賀県立 佐賀城本丸歴史館
特別展 生誕200年 島義勇
会  期  2022年10月7日[金]-12月11日[日]
会  場  佐賀県立 佐賀城本丸歴史館 御小書院(特別展示室)外御書院四之間
      840-0041 佐賀県佐賀市城内2丁目18−1
観  覧  料    無 料
──────────────
幕末から明治にかけて激動の生涯を送った島 義勇(しま よしたけ 1822-1874)。青年時代は諸国を遊学して各地の名士と交流、30代には藩主鍋島直正の命を受けて蝦夷地を探検しました。明治維新前後には戊辰戦争で活躍したほか、北海道開拓に尽力したことで知られています。その後も大学少監や侍従、秋田県権令などを歴任しました。
島の人となりや業績を自筆の書翰や意見書など、様々な資料からたどります。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上参観を。
[ 詳 細 : 佐賀県立 佐賀城本丸歴史館
{新宿餘談}
蝦夷・北海道、厳寒の原野に鍬を入れ、最初の開発にあたったのが島義勇。最後は刑場の露と消えたこのひとを知れば、戊辰戦争と佐賀藩、明治維新とされる政治変革の見えかたがすこし変わるのかも知れない。佐賀県立美術館・博物館も至近の地。参観をお勧めする次第です。