タグ別アーカイブ: 大川美術館

【展覧会】宇都宮美術館|企画展 大川美術館コレクションによる 20世紀アートセレクション ― ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで|’24年6月9日-8月18日|開幕壹个月再紹介

20240701171006_0001920240701171006_00021

宇都宮美術館
企画展 大川美術館コレクションによる
20世紀アートセレクション ― ピカソ、ベン・シャーンからポップ・アートまで
Twentieth-Century Art from the Okawa Museum of Art Collection
-From Picasso and Ben Shahn to Pop Art
開催期間  2024年6月9日[日]- 8月18日[日]
開館時間  午前9時30分-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休  館  日  毎週月曜日、7月16日[火]、8月13日[火]
      * ただし、7月15日[月・祝]、8月12日[月・祝]は開館
観  覧  料  一 般 1,000円、大学生・高校生 800円、中学生・小学生 600円
      * チケット各種割引・優待情報、関連イベント情報などは下掲詳細参照
会  場  宇都宮美術館
      〠 320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077
      TEL:028-643-0100 FAX:028-643-0895
協  力  公益財団法人 大川美術館
主  催  宇都宮美術館
──────────────
20世紀は二度の世界大戦や経済成長を背景に、人々の生活や価値観が大きく揺り動かされた激動の時代でした。美術においても芸術家たちは従来の価値観に縛られない作品を次々と生み出していきます。
20世紀初頭にキュビスムが創始され、第一次世界大戦後のパリには多くの芸術家が集い、エコール・ド・パリ、シュルレアリスムといった新しい潮流が誕生します。
第二次世界大戦後には戦後復興を成し遂げたアメリカに芸術の中心地が移ります。社会情勢を見つめたアメリカン・シーンの芸術家や、アメリカで学んだ日本人の芸術家たち、そして日用品を主題としたポップ・アートの芸術家が多彩な作品を制作します。
本展では、大川美術館(群馬県桐生市)が所蔵する20世紀アートのコレクションから、モーリス・ユトリロ、パブロ・ピカソ、ベン・シャーン、アンディ・ウォーホルらの逸品を厳選して展示し、20世紀美術の多様な芸術の様相を紹介します。
自らを「サラリーマン・コレクター」と称した大川栄二氏は、週刊誌の表紙絵を蒐集することから芸術の虜になりました。以降約40年にわたり国内外の美術品を蒐集し大川美術館の礎となるコレクションを形成します。20世紀アートの名品の数々をぜひお楽しみください。

※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : 宇都宮美術館

【展覧会】大川美術館|企画展「The 日本・画」展|日本画らしさとは ─ 大川美術館のコレクションを中心に|’24年4月27日-6月30日|終了

大川美術館大川美術館BBBb

大川美術館
企画展 「The 日本・画」展 日本画らしさとは
── 大川美術館のコレクションを中心に
期  間  2024年4月27日[土]- 6月30日[日]
会  場  公益財団法人 大川美術館  展示室 2-5
      〠 376-0043 群馬県桐生市小曽根町3-69 tel. 0277-46-3300
開館時間  10:00 - 17:00(入館は 16:30 まで) 
休 館 日  毎週月曜日(月曜祝日の場合は火曜日) * 臨時休館のときがありえます。
入 館 料  一  般  1,000円、高大生  600円、 小中生  300円
      * 障害者手帳をお持ちの方と、その介助者(1名のみ)を5割引きとします。
      * 65歳以上は2割引きとします。
      * チケット各種割引・優待情報、関連イベント情報などは下掲詳細参照
主  催  公益財団法人 大川美術館
──────────────────────
公益財団法人大川美術館は、桐生市出身の大川栄二が約40年にわたって収集した日本・海外の作家のコレクションを中心に、桐生市の支援を得て、平成元年に市内を一望できる水道山の中腹に開館いたしました。
各展示室にはソファーを配置するなどの工夫で、自宅で絵を見ているような、暖かい雰囲気でゆっくり過ごせるような「逢いたいときにいつでも逢える名画の館」を目指しています。数々の名画と共に、緑豊かな水道山の四季折々の変化を楽しめるカフェでの、ゆったりとしたひとときもお楽しみ下さい。

※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : 大川美術館

【展覧会】大川美術館|企画展 大川栄二 生誕100年記念 コレクターの目|’24年1月27日-3月31日|終了

20240201175519_00009 20240201175519_00010

大川美術館
企画展 大川栄二 生誕100年記念
コレクターの目
期  間  2024年1月27日[土]- 3月31日[日]
会  場  公益財団法人 大川美術館  展示室 2-5
      〠 376-0043 群馬県桐生市小曽根町3-69 tel.0277-46-3300
開館時間  10:00 - 17:00(入館は 16:30 まで) 
休  館  日  毎週月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)* 2月13日[月・祝]は開館
入  館  料  一  般  1,000円、高大生  600円、 小中生  300円
      * 障害者手帳をお持ちの方と、その介助者(1名のみ)を5割引きとします。
      * 65歳以上は2割引きとします。
      * チケット各種割引・優待情報、関連イベント情報などは下掲詳細参照
主  催  公益財団法人 大川美術館
──────────────────────
大川美術館の創設者で初代館長の大川栄二は、1924 年 3 月に群馬県桐生市で生まれています。
当美術館は、1989(平成元)年 4 月に開館しましたが、大川は 2008 年に亡くなるまで
館長として運営にあたっていました。そして仕事の傍ら「サラリーマン・コレクター」と
称してはじめてから、40 年にわたって収集したコレクションは、現在では 7500 点にのぼ
ります。
この度は、大川栄二の生誕 100 年を記念して、ひとりの個性的なコレクターの感性と美
に対する情熱を、コレクションを通して、2 部構成でご覧いただきます。

ookawa人脈図           松本竣介・野田英夫と人脈/大川美術館資料

<みどころ>
第一章  大川栄二の「松本竣介・野田英夫の人脈図」(展示室 2)
コレクションのきっかけとなった松本竣介と野田英夫の作品を中心に、収集の幅をひろげ
ていきました。そのなかでつくりあげたのが、「松本竣介・野田英夫の人脈図」です。画家
の師弟、交友、影響の関係をもとにつくりあげた「人脈図」は、いまでもユニークな内容
です。この「人脈図」をもとにコレクションを展示します。
第二章  大川栄二の「異色」の画家たち(展示室3-5)
大川栄二にとって「異色」の画家たちとは、「一途に詩魂を塗り込めながら夭折するか、時
流に媚びず、あくまでもその強い個性的画趣のために常に在野にあり、生存中は一般的に
は無名」でした。コレクションの中から、大川によって発掘された「異色」の画家たち 6
人の作品を紹介します。

※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : 大川美術館