タグ別アーカイブ: 山口県立萩美術館・浦上記念館

【展覧会】山口県立萩美術館・浦上記念館|兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション|古伊万里のモダン 華麗なるうつわの世界|’24年4月27日-6月23日|終了

20240513185159_00013 20240513185159_00014

山口県立萩美術館・浦上記念館
兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション
古伊万里のモダン
華麗なるうつわの世界
開催期間  2024年4月27日[土]- 6月23日[日]
開館時間  9:00 - 17:00(入場は 16:30 まで)
休  館  日  月曜(4月29日、5月6日、6月3日は開館)
観  覧  料  一 般 1,200円、学生 1,000円、70歳以上の方 900円
      * 18歳以下の方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料
      * チケット各種優待情報、関連イベント情報などは下掲詳細参照
主  催  古伊万里のモダン展実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、毎日新聞社、
tys テレビ山口)

────────────────────
日本最初の磁器である伊万里焼は、17世紀初頭に肥前有田(佐賀県有田町)で生産が始まります(江戸時代に生産された伊万里焼は〈古伊万里〉と呼ばれます)。
半世紀後には欧州などに輸出され大変な人気を博し、17世紀末には国内外に〈古伊万里〉のブランドを決定づけた豪華絢爛な古伊万里金襴手様式が現れました。
18世紀半ばになると海外輸出も終焉をむかえ国内市場に目を向けた伊万里焼は、同時代の多様な好みや変化を敏感に捉えながら、時代の流行(モダン)を追い求め、その姿を変えていきます。
さらに、明治維新を経て、近代国家へ生まれ変わろうとする動きの中で、磁器についても西欧近代(モダン)の新しい素材や技術が取り入れられました。
本展覧会では、時代の変化を敏感に捉え、モダンに生まれ変わっていく〈古伊万里〉を中心に、明治以降の伊万里焼も含めた約100件の作品でその魅力に迫ります。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : 山口県立萩美術館・浦上記念館

【イベント】山口県立萩美術館・浦上記念館|浮世絵ウィーク|’23年3月9日-3月12日|終了

萩博美01 萩博美02

山口県立萩美術館・浦上記念館
浮世絵ウィーク
開催期間  2023年3月9日[木]- 3月12日[日]
開館時間  9:00 - 17:00(入場は 16:30 まで)
休  館  日  会期中無休
観  覧  料  一般300円、学生200円
* 70歳以上と18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、
特別支援学校に在学する生徒は無料
────────────────────
文化庁 Innovate MUSEUM 事業の助成により、浮世絵版画の技法や浮世絵が育まれた豊かな江戸文化を学ぶ4日間のイベントを開催します。
浮世絵版画のつくり方を学ぶ重ね押しスタンプの体験に加え、摺や髪結の実演、落語や飴細工など江戸時代からの伝統芸能の実演も行います。早春のひととき、浮世絵版画の技法を学びながら、江戸文化を楽しみましょう。

>イベントの一例 紹介<
◆浮世絵の摺実演
内 容:浮世絵の名品を生んだ多色摺木版画の技術を今に伝えるアダチ伝統木版画技術保存財団による摺の実演と解説です。
日 時:3月11日[土]1. 10:30ー12:00  2. 13:00-14:30
出 演:アダチ伝統木版画技術保存財団 摺師 長沼翔太 解説 田﨑雅志
会 場:エントランスホール
※ 事前予約不要

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : 山口県立萩美術館・浦上記念館 ]

【展覧会】山口県立萩美術館・浦上記念館|特別展示|彫金のわざと美 ─ 山本晃の詩想と造形|10月2日-11月25日

萩美おもて 萩美うら

山口県立萩美術館・浦上記念館
特別展示
彫金のわざと美 ── 山本晃の詩想と造形
開催期間  2018年10月2日[火]-11月25日[日]
休  館  日  10月15日[月]、10月29日[月]、11月12日[月]

開館時間  9:00-17:00 (入場は16:30まで)
      会期中、毎週金曜日は19:00まで開館(入場は18:30まで)
観  覧  料  一般1,000円、70歳以上の方・学生800円
主  催  山本晃展実行委員会
      (山口県立萩美術館・浦上記念館、朝日新聞社、yab 山口朝日放送)
────────────────
昭和19年(1944)山口県光市に生まれた山本晃は、インダストリアルデザイナーとして東京で活動した後、昭和49年(1974)に郷里の光市に戻ってほぼ独学で彫金の創作活動をはじめました。

異なる金属板を銀鑞でつなぎ合わせて模様を創り出す「接合せ-はぎあわせ」、模様を輪郭で切り抜いて異なる金属板を嵌め込む「切嵌象嵌-きりばめぞうがん」といった、複雑で高度なわざを駆使し、色金の多彩なグラデーションを表現した器などのかたちに、山本は金属の堅さや冷たさを感じさせない豊かな詩情世界を表現してきました。
平成26年(2014)10月に重要無形文化財「彫金」の保持者に認定された、そのわざと美の洗練を初期作品から最新作までの約140点で紹介します。

【詳細: 山口県立萩美術館・浦上記念館