タグ別アーカイブ: 愛知県陶磁美術館

【展覧会】アサヒグループ大山崎山荘美術館|愛知県陶磁美術館コレクション|中国やきもの7000年の旅 ―大山崎山荘でめぐる陶磁器ヒストリー|’24年6月1日-9月1日|

20240513185159_00005 20240513185159_00006

アサヒグループ大山崎山荘美術館
愛知県陶磁美術館コレクション
中国やきもの7000年の旅
―大山崎山荘でめぐる陶磁器ヒストリー
会  期  2024年6月1日[土]- 9月1日[日]
休  館  日  月曜(ただし7月15日、8月12日は開館)。7月16日[火]、8月13日[火]
開館時間  10:00 - 17:00(最終入館 16:30)
入  館  料  一 般 1,200円、高大生 500円、中学生以下 無料
* 障害者手帳をお持ちの方300円 
* 価格は全て税込表示です
会  場  アサヒグループ大山崎山荘美術館
      〠 618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5ー3 TEL:075-957-3123 (総合案内)
特別協力  愛知県陶磁美術館
主  催  アサヒグループ大山崎山荘美術館
──────────────────────────
アサヒグループ大山崎山荘美術館は、2024年6月1日[土]ー 9月1日[日]まで、企画展「愛知県陶磁美術館コレクション 中国やきもの7000年の旅―大山崎山荘でめぐる陶磁器ヒストリー」を開催いたします。
愛知県陶磁美術館のコレクション約80点により、中国新石器時代から清朝にいたるまで7000年に及ぶ悠久の中国陶磁の歴史を概観します。神秘的な土器の世界、副葬品として用いられた多彩色の器や日常の世界を再現する建築明器-めいき、世界に影響を与えた青花-せいか-や、五彩-ごさい-をはじめとする数多くの技法などを、中国各地の窯の代表作品を通じて紹介します。「シルクロードを行き交う砂漠の舟」「蓋のつまみにゆるキャラ獅子」といった、各作品の特徴を捉えたユニークなキャッチフレーズが、作品鑑賞をより一層楽しく演出します。
約100年前に建てられた大山崎山荘の建築、室内の中国古代の意匠と、絢爛たる中国陶磁の共演も見どころです。

< 展示構成 >
第1章:新石器時代から初期王朝時代 原始の多彩なやきもの
紀元前5000年の中原(中国古代の王朝が興った黄河中流域の平原地帯)の仰韶-ぎょうしょう-文化をはじめ、紀元前2000年紀の大汶口-だいもんこう、良渚-りょうしょ、龍山-りゅうざん-文化など、辺縁に広がる新石器時代から初期王朝時代のバラエティに富んだ古代のやきものを紹介します。また、関連する玉器のコレクションも展示します。
第2章:戦国時代から漢時代 墓におさめられた死者への思い
戦国時代の作品から、金属器を模した華麗な原始磁器を紹介します。また、死後の世界観に現世の延長と天上世界への憧れが現れた漢時代。副葬品としての明器と呼ばれるやきものから、当時の人々の暮らしや思想をたどります。
第3章:三国時代から隋時代 うわぐすり発展の兆し
三国時代から南北朝・隋時代にかけて、中国南北の交流により技術が広範囲に渡り、新たな形態のやきものが出現しました。初期の青磁や白磁など、施釉陶器の発展の兆しに生まれた作品を紹介します。
第4章:唐時代から宋・元時代 世界に広がる中国のやきもの
シルクロードによって東西の文化を吸収、流通した華麗で荘厳な唐三彩-とうさんさい-から、中国陶磁史上、器形・釉調、文様の美しさが極まった宋・元時代のやきものについて概観します。越州窯ーえっしゅうよう・耀州窯-ようしゅうよう・龍泉窯-りゅうせんよう-の青磁、定窯-ていよう-の白磁、景徳鎮窯-けいとくちんよう-の青白磁、素朴で力強い磁州窯-じしゅうよう-などの作品を紹介します。
第5章:明・清時代のやきもの 青花・五彩と文人趣味
世界が憧れた青花や五彩磁器には、当時の皇帝の嗜好や美意識が反映されています。景徳鎮窯や漳州窯-しょうしゅうよう-の作品を中心に、中国陶磁の美意識の推移と技術の発展をたどります。日本で流行した中国文人趣味の世界もあわせて紹介します。

※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : アサヒグループ大山崎山荘美術館
[ 参 考 : 愛知県陶磁美術館   長期休館中  2025年4月1日[火]リニューアルオープン 】

【展覧会】愛知県陶磁美術館|特別展 アーツ・アンド・クラフツとデザイン ― ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで|’23年1月28日-3月26日

愛知陶芸美01 愛知陶芸美02

愛知県陶磁美術館
特別展 アーツ・アンド・クラフツとデザイン
― ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで
会  期  2023年1月28日[土]- 3月26日[日]
会  場  愛知県陶磁美術館 本館1階 第1・第2展示室・第8展示室
      489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地 TEL:0561-84-7474
開館時間  午前9時30分 - 午後4時30分まで(入館は 午後4時 まで)
      ※ただし、1月28日[土]は開会式のため観覧は午前11時から
休  館  日  毎週月曜日
観  覧  料  一 般 900円、高大生 700円、 中学生以下 無 料
主  催  愛知県陶磁美術館、朝日新聞社
────────────────────
アーツ・アンド・クラフツは、19世紀後半のイギリスで興おこったデザイン運動です。産業革命後の工業化の波の中、思想家ジョン・ラスキンは「機械が人間の労働から創造性を奪う」と批判し、中世の創造と労働が一体となった社会であるべきと唱えました。ラスキンの思想に傾倒したウィリアム・モリス(1834-1896)は、仲間たちと共に手仕事を通して「すべての人々の生活に美しいデザイン」を提供しようとしました。モリスらの仕事に影響を受けた多くのデザイナーや建築家たちは、アーツ・アンド・クラフツ運動を発展させ、やがてその影響はヨーロッパを始め世界各地へと及びます。アメリカでは、建築家フランク・ロイド・ライトが機械生産を受容し、運動の新たな方向を提起しました。

本展では、各地の歴史や文化、社会情勢を反映しながら展開を見せたアーツ・アンド・クラフツ運動の広がりと多様性を、イギリスとアメリカのテキスタイルや壁紙、家具、タイル、ガラス、アクセサリーなど約150点を通じて御紹介します。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上観覧を。
[ 詳 細 : 愛知県陶磁美術館

【展覧会】愛知県陶磁美術館|特別展 平安のやきもの ─ その姿、うつろいゆく─|’22年10月29日-’23年1月15日

あいちとうじ01 あいちとうじ02

愛知県陶磁美術館
特別展 平安のやきもの ── その姿、うつろいゆく──
会  期  2022年10月29日[土]- 2023年1月15日[日]
開館時間  午前9時30分-午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
休  館  日  毎週月曜日   * ただし12月27日[火]-1月4日[水]は休館。
1月9日[月]開館、1月10日[火]休館

観    覧料  一 般 900円、高校・大学生 700円、中学生以下 無 料
主  催  愛知県陶磁美術館、中日新聞社
──────────────
平安時代 (8世紀末-12世紀)には、古代日本で最も豊かなやきもの文化が花開きました。平安のやきものは、奈良時代までに発達した技術と造形、それに珍重された金属器や中国陶磁の形が融合、さらに仏教文化の変遷のなかで、重層的なデザインの移り変わりをみせました。
本展では、緑釉・灰釉陶器という当時の二大陶器と、その系譜を引く国産陶器に焦点をあて、関連する須恵器や金属器、中国陶磁を交えつつ、平安のやきもの400年の魅力に迫ります。

展覧会のみどころ
◆古代と中世の転換期である平安時代において、目まぐるしい発展、変化を見せたやきものの魅力に迫ります。
◆平安の陶器の優品が一堂に会し、関連する金属器や中国陶磁等とともにそのデザインの変遷をたどります。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上観覧を。
[ 詳 細 : 愛知県陶磁美術館 ]