タグ別アーカイブ: 陶芸家 板谷波山

【展覧会】泉屋博古館 京都 SEN-OKU HAKUKOKAN MUSEUM|特別展 生誕150年記念 板谷波山の陶芸 -近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯-|’22年9月3日-10月23日|終了

京都01京都02 泉屋博古館 京都・鹿ヶ谷 SEN-OKU HAKUKOKAN MUSEUM
特別展 生誕150年記念 板谷波山の陶芸
-近代陶芸の巨匠、その麗しき作品と生涯-
会  期  2022年9月3日[土]-10月23日[日]
休  館  日  月曜日(9月19日、10月10日は開館)。9月20日[火]、10月11日[火]は休館
開館時間  午前10時-午後5時(入館は午後4時30分まで)
入  館  料  一 般 1,000円  高大生 800円  中学生以下 無 料
      * 本展覧会の入場料で青銅器館もご覧いただけます
会  場  泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
      606-8431   京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
主  催  公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社、京都新聞
──────────────
陶芸家 板谷波山(いたや はざん 1872-1863)は、明治5年(1872)茨城県下館町(現・筑西市)に生まれ、昭和28年(1953)に陶芸家として初の文化勲章を受章し、昭和29年(1954)には日本画の横山大観とともに茨城県名誉県民の第一号となりました。
波山は、理想の作品づくりのためには一切の妥協を許さないという強い信念により、端正で格調高い作品を数多く手がけました。その一方で、波山は、故郷のまちと人々をこよなく愛し、共に信頼し、共感し合いながら、生きていくことを大切にした人物でもありました。

令和4年(2022)3月3日、我が国の至宝である板谷波山は、生誕150年を迎えました。この記念すべき年に、住友コレクションはじめ波山の選りすぐりの名作を一堂に集め展覧します。
あわせて、波山が生まれ愛した故郷への思いや人となりを示す貴重な資料、そして試行錯誤の末に破却された陶片の数々を通して、「陶聖」と謳われる波山の様々な姿を紹介いたします。

波山の作品に表現された美と祈りの世界に癒され、そして、波山の優しさとユーモアにあふれた人生に触れるひと時をお楽しみください。

* 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上参観を。本展は会期終了後 東京館 に巡回します
[ 詳細 : 住友コレクション 泉屋博古館 ] { 活版 à la carte  泉屋博古館まとめ }