タグ別アーカイブ: 青銅器館

【展示】泉屋博古館 京都|中国青銅器の時代|’22年3月26日-5月15+’22年5月28日- 7月 3日

泉屋博古館02

泉屋博古館 京都
中国青銅器の時代
会  期  2022年3月26日[土]-5月15日[日]
      2022年5月28日[土]- 7月 3日[日]
休  館  日  月曜日、5月17日[火]-5月27日[金]
開館時間  午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
開催場所  泉屋博古館(せんおくはくこかん 京都・鹿ヶ谷)
入  館  料  一般 800円、 高大生 600円、 中学生以下 無料
      * 本展覧会の入場料で企画展もご覧いただけます
──────────────
住友コレクションといえば、中国青銅器。
今から3000年以上前の商(殷)の時代から、中国では高度な鋳造技術が発達し、
繊細で複雑な造形の青銅器が数多く生み出されました。
その魅力を様々な角度から、4つの展示室のテーマに沿ってご紹介いたします。
世界有数の呼び声も高い住友コレクションの中国青銅器、
その精緻な美しさに是非触れてみてください。

第一室 青銅器名品選 いにしえの造形美
世界有数の住友コレクションの中国青銅器から貴重かつ造形に優れた名品を厳選してご紹介いたします。

第二室 青銅器の種類・用途 豪華な道具たち
商周時代には高度な鋳造技術によってさまざまな種類の青銅器が作られました。儀礼や祭祀に用いられた青銅器を、種類や用途に分けてご紹介していきます。

第三室テーマ展示 中国古代の説話と文様
中国古代では多くの青銅祭器、青銅鏡が製作されましたが、それらに盛んに施された文様はどのような思想や文化を背景としていたのでしょうか。その手がかりとして、中国古代には同時に数々の説話が遺されており、そこから当時の人々の思想の一端を窺うこともできます。ここでは青銅器・青銅鏡の文様とともに、その背景となった中国古代の説話もあわせてご紹介いたします。

第四室 青銅文化の展開
秦漢時代以降は鏡が盛んに作られるようになり、その一部は日本からも出土しています。鏡を中心に秦漢時代以降の青紀年銅文化の展開をご紹介します。

【第四室 特設コーナー展示:住友財団助成修復完了記念 モンゴル匈奴墓出土 漢代紀年漆器】
住友財団の文化財修復助成により修復したモンゴル出土漆器2点(前3-後1世紀)を特別公開します。古代中国の手工業生産を知る上で重要な資料と考えられる本作は、当館での展示を終えたあと出土地モンゴルへ帰還します。
※展示期間 2022年3月26日[土]- 5月15日[日]

ココがポイント!
古代中国の造作を堪能できます!
青銅器はもちろん、漢代のモンゴル漆器は日本で見られる最後のチャンスかも??

住友財団助成修復完了記念
「モンゴル匈奴墓出土 漢代紀年漆器」関連イベント

特別講座「蘇る漆器 -モンゴル出土 漢代漆器の保存修復」
4月9日[土]13時30分-16時
「モンゴル国の匈奴の遺跡」
講師:大谷育恵氏(京都大学白眉センター特定助教)
「漢代の漆器を保存修復する」
講師:岡田文男氏(京都芸術大学客

いずれも定員:40名(要予約)
*予約受付開始 3月15日 10時より  ホームページまたは 電話 075-771-6411(先着順)

*  感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上参観を。
[ 詳細 : 住友コレクション 泉屋博古館   青銅器館 ] { 活版 à la carte  過去ログ }

【参考:YouTube オンラインギャラリーツアー 東京国立博物館/市元研究員が語る、博物館で見る青銅器の鑑賞方法 2020年3月撮影 15:44】 TokyoNationalMuseum
トーハクの総合文化展を動画で紹介する「オンラインギャラリーツアー」。第4弾は東洋館5室(中国の青銅器)の青銅器の作品、「饕餮文瓿-とうてつもんほう」と 「饕餮文三犠尊-とうてつもんさんぎそん」を紹介します。 市元研究員が、博物館に行って作品を見る意味や、作品の楽しみ方について熱く語ります。(この動画は2020年3月24日[火]に撮影したものです)※本動画は日本語字幕でご覧いただけます。

【展覧会】泉屋博古館 青銅器館|中国青銅器の時代|’21年9月11日-10月24日

青銅器館泉屋博古館
中国青銅器の時代
会  期  2021年9月11日[土]-10月24日[日]
休  館  日  月曜日(9月20日は開館)、9月21日[火]
開館時間  午前10時-午後5時(入館は午後4時30分まで)
入  館  料  一般 800円   高大生 600円   中学生以下  無 料
会  場  泉屋博古館(京都・鹿ヶ谷)
      青銅器館の詳細はこちら <
──────────────
住友コレクションといえば、中国青銅器。
今から3000年以上前の商(殷)の時代から、中国では高度な鋳造技術が発達し、
繊細で複雑な造形の青銅器が数多く生み出されました。
その魅力を様々な角度から、4つの展示室のテーマに沿ってご紹介いたします。
世界有数の呼び声も高い住友コレクションの中国青銅器、
その精緻な美しさに是非触れてみてください。

* 泉屋博古館分館(東京)は、2020年1月より約 2 年間、改修工事のため休館中です。
*  感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上展観を。
[ 詳細 : 住友コレクション 泉屋博古館 ] { 活版 à la carte  過去ログ }