type con
元朝体は、元代の福建地方の民間出版社からつくりだされた書体です。中国・元代(1271—1368)は漢民族圧迫政策により書物の出版にきびしい制限が加えられましたが、それでも福建地方の民間出版社では多くの書物を刊行しています。その刊本字様は趙子昂(1254—1322)の書風によるとされる脈絡を残した書体です。
宋代の福建地方の出版社では余仁仲の万巻堂が知られていますが、元代になると余志安の勤有書堂が有名になりました。この勤有書堂の刊本字様こそが典型的な元朝体です。勤有書堂の『分類補註李太白詩』(1310年)は趙子昂の書風である「松雪体」でかかれ、元時代の建安刊本の特徴がよくあらわれています。
 

元朝体志安 見本帳
 
元朝体 Combination 3
げんろく志安 ばてれん志安 ひさなが志安

◎OpenType
◎対応機種:Macintosh、Windows
◎販売価格 本体 ¥35,000 + 税
※梱包・送料別途請求
◎パッケージ内容:CD-ROM 1 枚、ソフトウェア製品使用許諾書
◎特約販売店:朗文堂タイプ・コスミイク