type con
「たおやめ」和字書体の初登場は、欣喜堂和字シリーズの第一弾として発売された『和字 Revision 9』に収録されて好評を博しました。「たおやめ」の原姿は昭和10年代に発表された川口印刷所(現・図書印刷の前身)の「新刻五号明朝体」にあります。 この時代にあっては、大手印刷所・大手新聞社は、活字鋳造所から活字を購入するより、自家鋳造の企業が多く、各社が仮名書体を中心に独自開発を実施し、他社との書体面での差異化を計っていました。それらの自社専用書体のうち、判別性と速読性に優れた書体として評価の高かった書体が「新刻五号明朝体」でした。川口印刷所は1911年(明治44)に創業された名門企業であり、傘下には教科書出版の学校図書もあります。その詳細は『ヴィネット五号』(今田欣一 朗文堂)に報告があります。

『和字 たおやめ Family 7』では、もう一度原点に立ち帰り、形象をさらに検討するとともに、より一層汎用性を高める ために、ウェイトを「メディウム・シック・デミボールド・ボールド・エクストラボールド・ウルトラボールド・ブラック」の7ウェイトとしてファミリーを構築しました。

 漢字書体との組み合わせも一応参考・推奨書体はありますが、むしろすでに展開している多様な書体のなかから、お客様ご自身が「和字・欧字・漢字」の組み合わせの妙を発揮していただくことを期待しています。名著を飾った、伝統のたかみにある和字書体が現代に甦り、あらたな伝統がうまれる契機となることを期待しています。
 

たおやめFamily7見本帳
 
和字たおやめFamily7
※本製品は仮名専用書体です。

◎OpenType
◎対応機種:Macintosh、Windows
◎販売価格 本体 ¥7,000 + 税
※梱包・送料別途請求
◎パッケージ内容:CD-ROM 1 枚、ソフトウェア製品使用許諾書
◎特約販売店:朗文堂タイプ・コスミイク