【会員情報】 奥村浩之&祐子夫妻 メキシコからの時候のご挨拶

投稿 

メキシコ在住の彫刻家/奥村浩之さん、日本大学藝術学部教授・版画家/奥村 笹井 祐子さんからの時候のご挨拶が到着。おふたりはクリスマスからお正月を陽光いっぱいのメキシコですごされたようで、版画も切手も色彩ゆたかなものでほのぼのとさせられました。そろそろやつがれも昨年のメキシコ旅行の報告をしなければなりませんね。あまりにも魅力がおおすぎて、なにからご紹介しようかと思いなやむ毎日です。
【詳細:奥村ご夫妻がご来社に

20160127203303820_0002 20160127203303820_0003 okumura fusai

江戸にうまれ、明治期の長崎で活躍した多才多芸のひと/虎與號・安中半三郎の紹介への手がかり

投稿 

一月中旬崎陽長崎にイベントの打ち合わせででかけた。長崎県印刷工業組合幹部は年輩者が多かったが、東彼杵町歴史民俗資料館/小玉大介氏、日本二十六聖人記念館/宮田和夫氏、大村市市史編さん室/盛山隆行氏らの若手との交流が熱かった。とりわけ盛山氏は十数年前『日本の近代活字』編集のため訪崎し、当時長崎市立博物館の学芸員時代からの交流。二〇一三年{花筏}で問題提起した虎与号/安中半三郎の調査をすすめてくれていた。近日{花筏}に詳細報告。

DSCN6175

安中家と安中半三郎の墓碑。長崎本蓮寺の脇にある神式の特設墓地。原爆の爆風にさらされ一部損傷。辞世の句「酒飲めば 浮世をよそに 捨て小船 ただよふてこそ たのしかりけれ」


DSCN6113 DSCN6117 DSCN6122 DSCN6136 DSCN6144 DSCN6166

五代友厚の生誕地(鹿児島市長田町)と墓地(大阪市設南霊園四区中央)、そして知られざる堀孝之をめぐって

投稿 

五代友厚(天保六―明治一八 一八三六―八五)の生誕地と墓地をおとづれた。元薩摩藩士。長崎海軍伝習所にまなび近代大阪経済復興の祖とされる。墓地は通称阿倍野墓地とされる敷地中央部。基軸線にそって墓標や献碑がならぶが、一基だけ斜めに五代の墓標を仰ぐ「堀孝之君之碑」がある。堀孝之(弘化元 1844―没年不詳)は長崎オランダ通詞の名門堀家にうまれ幼少時から終生五代とその事業を支えた。慟哭し振り仰ぐその碑は可憐でけなげなものだった。

五代生家01 五代生家02 鹿児島中央駅前「若き薩摩の群像」全体 鹿児島中央駅前五代友厚座像 鹿児島商工会議所前五代友厚 鹿児島商工会議所前五代友厚立像 DSCN5673 DSCN5682 DSCN5688 DSCN5689 DSCN5695 DSCN5740

【会員情報】 林 昆範氏、産学協同プロジェクトで{山水一色・茶禪一味}

投稿 

中国湖南省常徳市郊外、桂林山水として知られる地方に少数民族のチワン族・トン族・ミャオ族などが湖上遊覧、工芸・民芸品の販売施設「陽朔 世外桃源」がある。この名は陶淵明の『桃花源記』の「桃源郷」に由来するという。
台湾中原大学で教鞭をとる林 昆範氏は産学協同プロジェクトに携わり、少数民族の意匠・紋様研究をつづけてきた。今回は{山水一色・茶禪一味}と題したお茶のパッケージを紹介した。

林昆範氏 20160125172541465_0001

 

 

【会員情報】 篠原紙工 Factory 4F Paper 29 活版ルネサンスフェアを報告

投稿 

{柔軟で大胆な発想力と実行力で、新しい「紙のコミュニケーション」を目指す製本会社}として意欲的な情報発信をつづける、東京都江東区の製本・紙工業「 篠原紙工 」。
の四階にある「 Factory 4F 」の増渕さんが{活版ルネサンスフェア}にご来場。その探訪記を情報誌「Factory 4F  PAPER 29」に掲載・ご送付いだきました。皆さまにご紹介いたします。
【 詳細:Factory 4F  】


20160125172404094_0001篠原02 ルネサンス02 ルネサンス01

造形者 西野 洋を偲ぶ会

投稿 
昨年一〇月に逝去された西野洋さんを偲ぶ会が mitographico 美登英利氏の肝煎りで開催されます。

ご親族のご厚意もいただきまして、下記の日程で、西野さんの事務所ならびに作品などを見に行ける運びになりました。
於/西野デザイン室
二月五日 七日午後一時 六時
二月五日(金)は 八時まで
【 肝煎り 美登英利

西野洋偲ぶ会

【展示会】 page2016 「未来を創る-メディアビジネスの可能性を拡げる」 JAGAT 日本印刷技術協会

投稿 

page2016  開催概要
◯ 期間 二月三日(水)―五日(金)
◯ 場所 サンシャイン コンベンションセンター
◯ 主催 公益社団法人 日本印刷技術協会
{page2016 のテーマは「未来を創る」}印刷ビジネスへのニーズがどのように変わったのか? どのようにビジネスを変えていかなければならないのか? を具体的に捉え、どのように対処するかを示唆します。

page2016

【図書紹介】 『ホスピタルギャラリー』 板東孝明編 深澤直人・板東孝明・香川征著 武蔵野美術大学出版局刊

投稿 

{ホスピタルギャラリー  ビ・イ}

このホスピタルギャラリー「ビ・イ」は武蔵野美術大学と徳島大学病院のコラボレーションによってうまれました。いいかえるなら「美」と「医」の融合。記号化すると「b」と「e」。病院を訪れる皆さんがこのギャラリーで少しでも癒されれば幸いです。また三階の小児病棟には子供たちが自由な発想で楽しめるプレイルーム「be」も設置しています。
【 詳細:武蔵野美術大学出版局

板東01 板東02

【展覧会情報】 宇都宮美術館 齋藤富蔵 展

投稿 

◯ 宇都宮美術館 齋藤富蔵 展
◯ 02月14日[日]― 04月10日[日]

宇都宮生まれの画家、齋藤富蔵[1919―1993]の回顧展。
戦後宇都宮の画壇において独自の存在感を示した齋藤の画業を振り返る。
初期の宇都宮ゆかりの風景や建物をモチーフにした作品群から
日光の自然を幻想的に描いた晩年の「深山シリーズ」までを一堂に展観。
【 詳細:宇都宮美術館

20160118200216399_0001 20160118201141079_0001

スイスの活版印刷造形家 : ロマノ・ヘニさんからの時候のご挨拶紹介

投稿 

スイスで活躍されている活版印刷造形家、ロマノ ・ ヘニ (Romano Hänni ,  1956-)さんからの時候のご挨拶。ヘニさんはお若いころから活版造形家として活躍され、スイスの印刷ジャーナル 『 TM ,  Typografische Monatsblätter , 1992 No.2 』 の表紙を飾り、本文中でも大特集をもって紹介された、本格派の活版印刷造形者  ≒ タイポグラファです。
【 ロマノ ・ ヘニ氏 URL : Romano Hänni  Studio for Design
鮮明画像がたくさん掲載されています。

20160118200216399_0002 20160118200216399_0003DSCN7609[1]

ドイツ在住、日本と亀さん大好きの友人/ ヨアヒムさん Joachim Müller-Lancé の時候見舞いカード紹介

投稿 

ヨアヒムさんはタイポグラファとして活躍。「国際タイプフェイスコンテスト・モリサワ賞1993」欧文部門金賞受賞者。そのタイプデータはAdobe から発売されている。ヨアヒムさん亀と日本が大~好き。 そのサイトは welkame to kame design かめさん、かめさん、どこからきたのという本格派。 Adobe 発売タイプの名称は 「 Shuriken Boy-手裏剣少年 ?」 。その書体のできばえには論及しないでおこう。
My Fonts  Joachim Müller-Lancé

20160118124848482_0002
ヨアヒム san

【良書紹介】 竹内整一『ありてなければ ―― 「無常」の日本精神史』(角川ソフィア文庫)

投稿 

ゆえありて著者の竹内整一氏とは友人です。したがってこれまでも主要著書はご恵送いただいていましたが、ご紹介の機会を逸していました。
角川ソフィア文庫は本書の帯で、岡倉天心『茶の本』、九鬼周造『いきの構造』とならべて、竹内整一『ありてなければ』を紹介しています。やつがれもまた、平凡社版・竹内整一『「はかなさ」と日本人』とあわせて、皆さまに本書をお薦めします。[詳細:活版 à la carte
【  角川ソフィア文庫

竹内整一ジャケット

 

【世田谷美術館分館向井潤吉アトリエ館】 向井潤吉西日本紀行 二月六日―三月二一日

投稿 

洋画家・向井潤吉(一九〇一―九五)は、現在向井潤吉アトリエ館のある世田谷区弦巻に一九三三年にアトリエを構えた。終戦後は次〻と姿を消す伝統的な民家を追い求めて全国を歩いた。主な取材地は東日本であったが、しばしば生まれ故郷の京都をはじめ、西日本各地にも足を運んでいた。◎本展ではこれまでまとめて紹介する機会の少なかった西日本各地を描いた油彩画、水彩画を集め、向井が綴った紀行文をあわせて紹介する。
向井潤吉アトリエ館

20151212170042620_0005 20151212170042620_0006

【会員情報】 フランツ・カフカ 『道理の前で』 (別題 『掟の門前』)京都活版小本 ぢやむ 杉本昭生氏が新作発表

投稿 

[杉本昭生]チェコ プラハ花筏]のひとフランツ・カフカ は『審判』『変身』など一度読んだら忘れられない、独自の小説世界をつくりあげた、二〇世紀を代表する作家です。
ところでこの本は失敗です。マッチ箱に入れることを前提につくりましたが、途中で気持ちが離れてしまいました。このサイズは自分のつくりたい本の大きさではないことを確認しました。悪しき作例となりました。[詳細:活版 à la carte
ぢやむ 杉本昭生 活版小本

プラハ絵はがき01 プラハ絵はがき02 プラハ絵はがき03

プラハ絵はがき04

プラハ市販の長尺絵はがきより。下から二段目、プラハ城脇、かつて錬金術士が居住したことから「黄金の小径」と呼ばれる長屋街。左手青い22番の建物はカフカがここで執筆していたとされる。

【恒例】 アダナ・プレス倶楽部年賀状 ことしは〝宇宙船地球号〟リチャード・バックミンスター・フラー

投稿 

ことしの年賀状の活字は ユニバース55, 12 pt. , ゴシック体 8 pt. 。ユニバースの製作者 アドリアン・フルティガーへの追悼のおもい をこめながら、テキストを「宇宙船地球号」のことばをひろめ、モントリオール万博「ジオデシック・ドーム」の設計でひろく知られる、思想家、建築家、詩人リチャード・バックミンスター・フラー(Richard Buckminster Fuller)の「宇宙船地球号」の格言を印刷。[ 写真:ウィキペディア 詳細:活版 à la carte

2016絵柄面 2016宛名面

写真 : ジオデシック・ドーム(1967年モントリオール万博アメリカ館) ウィキペディアより

写真 : ジオデシック・ドーム(1967年モントリオール万博アメリカ館) ウィキペディアより

【図書紹介】 『デザインの種 ― いろは47篇からなる対話』 戸田ツトム、鈴木一誌 著 大月書店

投稿 

眼と手の感覚、
紙が連れてくる風景、
かたちへの意識、色に潜む政治性などを
めぐって浮かびあがる
デザインの過去・現在・未来――。
たがいの批評精神が触発しあい、
一五年にわたって持続した対話の集成。

◯ 装本 四六判 三六〇ページ
◯ 定価 二、四〇〇円+税

【 詳細:大月書店

デザインの種_カバー151211+out.indd 20160112165954390_0001

【展覧会】 〝祖父江慎+コズフィッシュ展 ブックデザイ 〟 日比谷図書文化館特別展 一月二三日―三月二三日

投稿 

改装閉館中の ggg ギャラリー。ことしは 千代田区立日比谷図書文化館 に場所を移し「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ 」で幕開け。本展は祖父江氏と氏が主宰するコズフィッシュのブックデザインを通しフィジカルな「本」の魅力を探る。各種デジタルデバイスの登場により様変わりした読書環境。そんな中本がどのように作られるのか、そのプロセスを追い紙の本での表現を求め、一冊に込められる情熱に迫る。
【 詳細:ggg 展覧会情報

0000434_1[1]

鋳型製造・鋳造業者の慨嘆。ほんとうに大丈夫、日本のものづくり。一点豪華高額品か一括大量製造。いつもロットの壁が!

投稿 

暮れの挨拶で鋳型製造・鋳造業者が来社され話しこむ。アダナ・プレス倶楽部の活版印刷機も多くの鋳型によって製造。鋳型業者の主要取引先が低賃金をもとめ海外で工場を転転とし、そのたびに鋳型業者も工場を追随せざるを得ない現状。わが国の機械製造は高精度の鋳型と成形技術が支えていたが、移転のたびに海外に工場と技術がのこり、地代と人件費で圧倒されいまやライバル以上の存在。サラマシリーズでも何噸もの鋳型がある。結局その保管料請求のはなしになった。

Salama-Antiqua 成形品各種 量産成形品 Salama-Antiqua 量産成形品02 新サラマ

韓国光州市{国立アジア文化殿堂}完成。その「文化情報館」にアダナ・プレス倶楽部が協力「活版工房」開設しました

投稿 

韓国光州市の複合文化施設「国立アジア文化殿堂」が全館オープン。同館「文化情報館」から「活版工房」開設要望。朴志勲さんの協力を得て、小型活版印刷機 Salama-21A をはじめ、活版木工品、欧文活字、和文活字、込め物、など設備・諸資材をピカピカの新製品で納入。「活版木工製品」は活版一四〇年の歴史を継承し五号活字 10.5 pt. を基準とした本格派。アダナ・プレス倶楽部は新設{活版工房}を強力支援中。【 詳細

m_paku IMG_1123 IMG_1117

ご面倒でも電話口の向こうの知人に、電話番号、ビル名などをつたえるつもりで、ゆっくり丁寧によんでください

投稿 

電話番号など数字が所〻に混じった文を口頭でひとに伝えるのは面倒なもの。下掲の文を声にだし、ゆっくりおよみください。もしかすると「0  ゼロ まる」とまじってよみませんでしたか。
{渋谷一〇九}は「渋谷 イチ マル キュウ」、イマドキの若者は「マルキュウ」がふつう。これを「縦組み前提」でデジタル機器に入力すると、数字はテンキー使用だとばかりもいっていられない意外な事故が発生中。その危険性は{ 他人事 }とともにいずれ解明しましょう。

20160106172931979_0001 漢数字ゼロw ATOK 文字パレット 準仮名・準漢字

 

【会員情報】 若月陽子さん ギャラリー フィール アート ゼロ { 花 ―― hana } に 「手向ける」を出展

投稿 

{ 花 ―― hana }

◯ 掬う 三浦世津子・ガラス
◯ 辿る 真月洋子・写真
◯ 手向ける 若月陽子・絵
人知れず消えていった小さな命を思う。慈しむべき命たちが、この時代、いったいどれほど無造作に奪われてしまっているのだろう。つれづれに思うことを筆に託し、手向ける小花を描く。

自01月16日(土)至 01月31日(日)
詳細:ギャラリー フィール アート ゼロ

20160105211857254_0002 20160105211857254_0003 20160105211857254_0004

カール・マイ冒険物語 オスマン帝国を行く 全一二巻第八巻『バルカン峡谷にて』 戸叶勝也訳 朝文社より刊行

投稿 

現在戸叶勝也氏はドイツで百年以上にわたって読み継がれている大作『 カール ・ マイ冒険物語 』 全12巻の翻訳執筆中。このたび『カールマイ冒険物語』第08巻「バルカン峡谷にて」を朝文社より刊行されました。小社刊行書 『 ヨーロッパの出版文化史 』 とあわせご愛読をお勧めいたします。
発行所:朝文社  info@chobunsha.co.jp
一一三―〇〇三三 文京区本郷三―一五―六 秋田ビル
電話 :〇三―三八一四―五〇七二

20160105182918570_0001

【コンサート】 アンサンブル・イレーヌ結成記念公演 フランス/フルート黎明期の音楽

投稿 

【コンサート】
フルート黎明期の音楽のご案内

このフライヤーは新宿私塾一八期修了の宮田彩さんの製作。使用書体の和字は『和字 Succession 9から『新考北海道史』を淵源とする「ほくと」。新宿私塾修了生の活躍ぶりをあちこちで目にするこのごろ。印刷・出版・報道とメディア産業すべてが苦境にあるこのとき、ちからを存分に発揮して活躍する皆さんの活躍をこころづよくみまもっております。

アンサンブル・イレーヌ fix

たくさんの年賀状をいただきました。だいぶ減少しましたがデザインを凝らした賀状の一部にまだ残念な表記がみられました

投稿 

10月29日・12月10日既出情報

Postcard  はひと単語で表記
Post  Card は誤った表記です

ことしもたくさん年賀状をいただきました。ただ、粋を凝らし「デザインの効いた」年賀状ほど右記の誤用がまだ見られたのは残念。私製はがきを製作する際の注意点をわかりやすく解説。
朗文堂ニュース 2014年12月03日
これを読めば、顧客に迷惑をかけず、自分も恥もかかなくて済む。

オックスフォード 研究社

活版礼讃イベント{ Viva la 活版 Letʼs 豪農の館 }全12回にわたる報告終了。ことしのイベントに向けた態勢に

投稿 

活版礼讃{ Viva la 活版 Letʼs 豪農の館 }の記録は、本欄と{ 活版 à la carte }に一二回報告。会員の皆さま、ご来場者、出展者の皆さまにあらためて御礼申しあげ〼。報告第八―一二回は{ 活版 à la carte }では{Record of Excellent Memory}として掲載。二月初旬、のちの検索に便利なように、開催時二〇一五年一〇月のアーカイブ欄に昇順に並べかえて全一二回を収録。本欄ともども{活版 à la carte}での情報をご利用たまわりますようお願いいたし〼。

縺薙°繧吶・濶イ_雎ェ霎イ縺ョ鬢ィrecord豪農02