【新宿私塾】 新宿私塾第31期順調に進行中第32期受講生先行予約受付開始

◎新宿私塾第31期スタートしました
09月26日[火]新宿私塾第31期がスタートしました。10月に入ると突然の解散・総選挙、ふたつの颱風が日本列島を駈けぬけていきました。それでも霜月・11月をむかえたいまは隣接する新宿御苑の遊歩道にはピラサンサがたわわに実り、金木犀のかおりがかすかにただよい、新宿私塾の教場は熱気をおびています。
次期講座へのお問い合わせは 担当/鈴木  » send email までご連絡を。
{詳細/朗文堂NEWS

私塾31期順調 Web31期入塾2 31期カリキュラム表紙resized たくさんの種子をつけたピラカンサス ひめやかに花をつけ豊かに薫る金木犀 DSCN4355resized 河野三男さん02 DSCN4555resized DSCN4606resized DSCN4618resized 私塾32期生募集

投稿 

【新宿私塾】 爽やかな秋の風のなか、新宿私塾第31期がスタートしました

新宿私塾ではタイポグラフィにおける 「 知 ・ 技 ・ 美 」 の領域でバランスのよい学習をモットーとします。それはまた 「 知に溺れず、技を傲らず、美に耽らず 」 という、つよい自戒をともないます。この半年間講師陣はもとより 「新宿私塾修了生」 の皆さんも精一杯の努力と応援をいたします。半年後、自信にあふれた塾生の皆さんの、お顔とお姿を再度紹介できたら幸せです。
* 新宿私塾問い合わせ先/鈴 木  孝
» send email {文字壹凜Summary

私塾31期スタート Web31期入塾2 名も知れぬ秋の艸 31期カリキュラム表紙resized

投稿 

【新宿私塾】 新宿私塾第30期 無事に終了しました 2017年04月04日09月12日

{新宿私塾 第30期}は桜花爛漫の四月に開講し、爽秋の九月中旬に全員が無事に課程を修了しました。最終講座を終えた塾生諸君は教場での談笑がつづき新宿の町に消えていきました。そしてまた、いつでもここ新宿私塾の教場をお訪ねいただき、おおきく成長したお姿を拝見したく存じます。ときおり、いつもお会いできますよね。そしておおきく成長した{新宿私塾第30期修了生}の皆さんの語らいが楽しみです。
{ 新宿私塾 文字壹凜Summary

私塾30期終了 30期修了_01 新宿私塾30期表紙 千星健夫さん 上野隆文さん 真田幸治さん

投稿 

【新宿私塾】 第31期新宿私塾 入塾生 最終 募集中

新宿私塾」は実技・実践を基礎としたタイポグラフィをまなぶためのちいさな教育機関です。書物と活字づくりの560年におよぶ魅力的な歴史をまなび、本格的なタイポグラフィの教育と演習を通じてあたらしい時代の要請に対処する能力を身につけたタイポグラフィの前衛を養成します。入塾ご希望の方はメールにご連絡をお願いいた します。
◯ 朗文堂 新宿私塾  担当:鈴 木  孝
robundo@ops.dti.ne.jp   » send email

イムさん01 DSCN2847 西尾さん

 

投稿 

【新宿私塾】 4月22日[土] 新宿私塾 第28期・29期 合同懇親会開催

新宿私塾第28期・29期合同懇親会開催。出不精やつがれも参加。みんなたくましく成長し自信にあふれてうれしかった。幹事は二口クン・宮添クン・鷹巣サンだった。撮影を28期福士クンにスマホ横位置で依頼したらオット手前の数人が! 会場は評判店《絶好調 てっぺん 新宿》。この店の定休日は{年中夢中☆気まぐれにお休み}。何人かがまもなく【活版カレッジ】に戻ってくるらしい。花冷えの夜ここだけは熱くもえていた。{文字壹凜 新宿私塾28期29期まとめ

私塾image2 DSCN0006

 

投稿 

【新宿私塾】 {新宿私塾第28期交流会}新宿三丁目で開催 久しぶりの邂逅でタイポグラフィ談義と食事美酒で盛り上がり

新宿私塾第28期修了生は、11月18日朗文堂から至近の会場でたのしく嬉しい{新宿私塾第28期交流会}。あちこちで同期会が開催されているようだが、このときは幹事:金子さんの熱心な誘いもあって参加。たのしく、収穫の多い交流会[撮影 : 福士さん・半田さん]。
新宿私塾第28期といえば、アメリカ・ニュージャージー州出身のランス君。最後の〆はやはり新作 T シャツの披露。{文字壹凜 ランス君アーカイブ} {詳細:朗文堂ニュース

私塾 28期懇親会01 28期懇親会03 28期懇親会02 28期懇親会04 28期懇親会05 ランス !cid_FCB8E02A-72A4-4301-B622-FAAA2FD17BC1

投稿 

【新宿私塾】 第29期順調に進行「フィールドワーク 公版書籍印刷理想社見学」+河野三男さん「講義:欧文組版基礎②」 

全25回講座、第08回講座まで進行中。
◎第07回講座「フィールドワーク 公版書籍印刷工場 理想社見学」

江戸川橋の理想社へ。「印刷概論」講義ののち工場見学。はじめて間近に見る本格書籍組版、本格印刷の実際。
◎第08回講座 「講義:欧文組版の基礎② 河野三男さん」
行、段落の組み方、行間と行長、段落の意味と種類、可読性の検証。本格欧文組版獲得に向けて。
{協力:福士大輔 朗文堂NEWS

!cid_4FB37547-4D75-4196-8850-D2B82EB5ED8A 新宿私塾29期カリキュラム resized
160521_10[1] 理想社_01 理想社_03160521_03[1]160521_09[1]理想社_02160521_08[1]

河野さん_01 河野さん_02 河野さん_03
!cid_FCB8E02A-72A4-4301-B622-FAAA2FD17BC1

投稿 

【新宿私塾】 第27期修了ジャンボこと平澤栄樹君がスペインバスク地方ビルバオ・グッゲンハイム美術館他を訪問画像紹介

図体はデカイが心は繊細なジャンボこと平澤栄樹君(下掲写真中央)。今夏在英の姉君を夫妻で訪問。
帰路スペイン北東部バスク地方のビルバオ、オンタビリア、サンセバスチャンなどの都市を訪問。フランク・ゲーリーの建築、巨大な鉄のアート:リチャード・セラ「Snake」の常設展示で話題のビルバオ・グッゲンハイム美術館を中心に紹介。美術館内部は撮影禁止。この地方独自言語バスク語でのサイン表示にとまどいながらも収穫の多い旅だったという。

私塾27期終了_01[1]ゲッケンハイム美術館外観 ビルバオ・グッゲンハイム美術館 ウィキペディアより 3言語での説明 Richard Serra ビスカヤ橋 パラドール デ オンダリビア外観 オンダリビアの景色 パラドール デ オンダリビア中庭 サンテルモミュージアム_エントランス サンテルモミュージアム_イベント ディスプレイ

投稿 

【新宿私塾】 第二八期 半田君が24時間テレビTシャツチームで活躍 ランス君Tシャツプリントへの挑戦記録

新宿私塾第二八期が九月二〇日をもって全課程を修了。この期にはランス君、半田淳也君というふたりのデカイのがいた。デカイわりに繊細なふたりだった。半田君は「日本テレビ24時間テレビTシャツ」デザインスタッフの一員として参画する活躍。シルク印刷の工房をもつランス君は第一弾のTシャツ「TOKYO」で意味・発音不明と責められ、それ以後新作とバックへのプリントを製作して塾生諸君の意見収集。今後の修了生皆さんの活躍に益〻期待するゆえん。

DSCN9755[1] T1DSCN9759IMG_1730-470x627[1] DSCN9698 DSCN9694 ランス君Tシャツ DSCN7609 !cid_C664B0FC-3719-4365-9492-2D88176F96BB !cid_11CF1BBD-9F40-40E3-A134-E45B39E6F203

投稿 

【新宿私塾】 第28期 順調に進行中。ダイナミックなステージで活躍する有馬トモユキ氏が熱い講座を展開

新宿私塾07月19日[火]は、日本デザインセンターに所属、 TATSDESIGN を主宰する有馬トモユキ氏は、新宿私塾修了生にして講師です。著作『いいデザイナーは、見ためのよさから考えない』(星海社)をもつ同氏は「デザインは、デザイナーの専売特許ではなく、ロジカルシンキングやプレゼンテーションと同じ問題解決の{道具}である」と説きます。新宿私塾第28期は猛暑にまけることなく九月中旬までつづきます。
有馬トモユキ TATSDESIGN

私塾28期順調[2] DSCN9573 DSCN9571 _shinsho_1500[1]

投稿 

【新宿私塾】 第28期 順調に進行中。おりしも講師:板東孝明さんの誕生日、塾生諸君とミニ誕生会

新宿私塾07月05日[火]は、開塾以来の特別講師 : 板東孝明さん。内容は{タイポグラフィの原初}と題して、タイポグラフィにパラダイム転換をもとめる意欲的な講座でした。ところで07月06日は板東孝明さんの5?歳の誕生日。講座終了後、塾生ともども「 Happy Birthday 」。プライベート・スクール{新宿私塾}ならではの心暖まるちいさなイベントでした。新宿私塾第28期は炎暑・猛暑にまけることなく九月中旬までつづきます。
【関連:朗文堂ニュース

私塾28期順調 DSCN6254[1] DSCN8605 DSCN8609

投稿 

【新宿私塾】 きょうは 自習です!  ランス君登場

と或る金曜の昼下がり、新宿私塾第28期生ランス君登場。「きょうは自習です」。夕刻から日本大学芸術学部教授・版画家/奥村 笹井 祐子さんら{活版カレッジ}修了生の皆さんと、笹井さんの受講にあわせ来社され修了生とも親しくなったメキシコ在住の彫刻家/奥村浩之さんが集合。ランス君のTシャツの絵柄に話題集中。「ランス君の国籍は?」{アメリカです}「アメリカではこれをどう発音するの」{――}となんともまぁにぎやかな夕べとなりました。


私塾28期順調 IMG_1730 Web16.4.5_第28期入塾resizeDSCN9656[1]

投稿 

【新宿私塾】 新宿私塾第27期は爽秋の風のなか意欲満満九月末スタート。順調に設定講座を履修中

新宿御苑の遊歩道に金木犀のかおりがただよい、さまざまな秋の艸花が咲く2015年09月29日[火]新宿私塾 第27期が開塾 した。爾来ほぼ二ヶ月が経過。講座は第09回までを順調に消化。◎新宿私塾第27期は、めずらしく男性が多い塾生で構成された。それでもはじめのかたさは消え、休憩時間や終了後の教場は、いつも和気藹藹としたふんいきに包まれる。
【 詳細 : 朗文堂 新宿私塾

 

27期順調uu

DSCN5420

新宿私塾第27期第07回特別講座 公版書籍印刷 フィールドワーク 理想社

DSCN5429

新宿私塾第27期第08回講座 名刺のデザインとその製作実務

 

投稿 

【展覧会】 ggg ギンザ・グラフィック・ギャラリー 組版造形 白井敬尚 09月26日11月07日

 ggg 企画展{組版造形 白井敬尚}
{新宿餘談}白井敬尚さんは朗文堂の古い友人、同志です。「金曜かい・掃苔会・組版工学研究会・新宿私塾」を通じて『欧文書体百花事典』『デザイン対話 表現か 再現か』『文字百景』などの図書をつくり造形・教育活動を共にしました。また河野三男『タイポグラフィの領域』『活字とエリック・ギル』、戸叶勝也『ヨーロッパの出版文化史』などのADも担っていただいた同志です。
gggギャラリー】{活版 à la carte

白井敬尚展告知 白井敬尚02-1『アイデア314号』「エミグレの歴史 1984-2005」誠文堂新光社、2006年1月
白井敬尚03『書物と活字』ヤン・チヒョルト著、朗文堂、1998年

投稿 

【演奏会】 邦楽合奏団「織座」第28回定期演奏会 四月八日[土]午後三時ゟ 江戸川区タワーホール五階大ホール

「織座」は現代邦楽曲の団体として一九八八年に発足。発足当初より音楽監譬としてオーケストラアジア常任指揮者を迎え様〻な大編成曲を取り上げてきた。毎年開催する定期演奏会も28回になり、レパートリーも百曲を超える。老舗の現代邦楽合奏団の一つで稲田康氏の指導のもと一曲を一年間の時間をかけて仕上げる綿密で豊かなアンサンブル表現力を持ち前としており国内での評価が高い。
新宿私塾二八期修了生のランス君も登場予定。 e-mail : info@oriza.org

20170124130719_00001 20170124131951_00001 私塾 DSCN9698-627x470[1]

 

投稿 

【会員展覧会】 金子 絵里展 KANEKO Eri  一〇月一七日[月]→二二日[土] ギャラリー東京ユマニテ

金子 絵里
会 場   ギャラリー東京ユマニテ
踊る陶酔感は絵に円を描くときの感覚と似る。寝て見る夢や現実にありもしないことを夢想することにも似る。私はそれらと現実を行き来し絵を吐き出す。今展は私に「描くという行為」「版と向き合うこと」「紙に写し取られた違う世界」という悩ましくも幸福なひと時を与えてくれた。{新宿餘談}金子絵里さんはフラメンコとタイポグラフィを愛する新宿私塾第28期修了生。今般版画展を開催。

私塾 金子絵里さんresized 20160905_1810579[1] 20160905_1810580[1]

投稿 

【日本テレビ】 24時間テレビ 今年のチャリ T シャツは初の〝写真プリント〟。蜷川実花さんの色鮮やかな世界観を再現

八月二七日[土]―二八日[日]放送[日本テレビ] 24時間テレビ。今年のチャリ T シャツは、初の〝写真プリント〟。蜷川実花さんの色鮮やかな世界観を再現したもの。この製作の一員として新宿私塾28期生の半田淳也氏が加わり公式記録にも紹介されている。タイポグラフィの効果をTシャツデザインに有効にいかし、おおきな成果をあげていることをうれしくおもう。【詳細 :日テレ 24時間テレビタイアップサイト 】   【関連:朗文堂 NEWS

T1 T2 T3 T5 T4 DSCN9755[1]

投稿 

【コンサート】 アンサンブル・イレーヌ結成記念公演 フランス/フルート黎明期の音楽

【コンサート】
フルート黎明期の音楽のご案内

このフライヤーは新宿私塾一八期修了の宮田彩さんの製作。使用書体の和字は『和字 Succession 9から『新考北海道史』を淵源とする「ほくと」。新宿私塾修了生の活躍ぶりをあちこちで目にするこのごろ。印刷・出版・報道とメディア産業すべてが苦境にあるこのとき、ちからを存分に発揮して活躍する皆さんの活躍をこころづよくみまもっております。

アンサンブル・イレーヌ fix

投稿 

一二月三・四日、小型活版印刷機 Salama シリーズ三機種の撮影を実施 目下補整整理待、その寸暇を盗んで京阪出張の次第

撮影は{Fumikou  Photographer : 上野隆文、Designer : 栃木香織}のユニット。ふたりとも新宿私塾修了。栃木さんは活版カレッジも修了。今回はアシストにまわり「レフ担・手タレ代行」と大活躍。本番の撮影は二日間蛍光灯を消し真剣かつ長時間におよんだ。その補整・整理をまってカタログ、マニュアルづくりと作業が進行する。◎うれしいことに小型活版印刷機 Salama シリーズ三機種への問い合わせが激増。最終価格の発表をふくめ、もうしばし時間をいただきたい。

Salama-LP撮影uu DSCN5541 DSCN5542 DSCN5549

投稿 

造形者・千星健夫 NECKTIE design office による TEA BAG HOLDER SHIROKUMA

GRAPHIC WEB PRODUCT と横文字が似合わないのが千星健夫さん。一九七六年兵庫県うまれ。専門学校営業職からデザイナーに転身。新宿私塾・活版カレッジ修了生{文字壹凜}の管理者。要するに身体性のあるモノづくりに熱中する真の造形者。同氏主宰 NECKTIE design office 製造販売による『TEA BAG HOLDER SHIROKUMA』は長崎の窯元に出向いて型から製造したすぐれもの。小社も愛用お茶時間がほっこりします。ご推薦。
NECKTIE design office Shirokuma 】

shirokuma01 shirokuma03 千星健夫 hasami_11 hasami_37 hasami_14 hasami_13

投稿 

【会員情報】 どうだ! 天真爛漫・威風堂堂・豪快無比・天下無双・一気呵成ミルク喇叭呑みの雄姿をご覧あれ

どういうわけか知らないが、アダナ・プレス倶楽部の会員、新宿私塾修了生のあいだで結婚・出産があいついでいる。
新米パパさんはおおむね無精だが、ママになった会員や修了生が、赤ちゃんの写真を写メールやメール添付写真で送ってくれる。いずれもかわいく、ほほえましいが、個人情報に配慮するとこういう公開メディアでは紹介しにくいのが残念。
下掲写真の雄姿、ミルク一気呵成のラッパ呑み、将来わが国を背負って立つ女の子。まだ〇歳児という。心強いかぎり。

IMG_4897

投稿 

【会員だより】 新潟山山倶楽部/山下良子さんのプレゼント。エゴってなぁに?

新潟の 合同会社ファジカ チーフデザイナー・山下良子さん。新宿私塾・活版カレッジ修了、新潟山山倶楽部代表。会社運営と育児に多忙な日日。◎やつがれの古里、山国信州では海産物を新潟に求めた。エゴノリという海藻からつくるトコロテンのような「エゴ」は忘れられない味。これは九州博多では「おきゅうと」と呼ぶ。会報誌でご案内したアダナ・プレス倶楽部忘年会にプレゼントをたくさん頂戴した。深謝。

20151126212028183_0001

博多人のソウルフード/新潟のエゴに似る「おきゅうと」 ウィキペディアより

 

投稿 

METAMOS 櫻井優樹さん、取っ手にドベルニ&ペイニョ社の社名入り活字ケースを日本の洋物古物商ゟゲット

櫻井 優樹 ――  一九八一 年大阪生まれ。artless Inc. を経て、二〇〇九年 METAMOS 設立。 新宿私塾修了、現在講師。ビジュアルコミュニケーションを中心に造形者として幅広く活躍。◎サンセリフ、とりわけ古拙感あるアクチデンツ・グロテスクにこだわりをもつ同氏が、パリの活字商 Deberny & Peignot 社(一九二三―七二)製活字ケースを発掘・購入。意欲と関心の成果。取っ手「et → and, &」。清拭し植物性オイル塗布。お宝として大切保管。

 

D&P01uu

投稿