長岡市栃尾地区「紙漉 サトウ工房」佐藤徹哉さんからトロロアオイの種子をどっさり頂戴しました

投稿 

二〇一五年{Viva la 活版 Let's 豪農の館}で大活躍された「紙漉 サトウ工房」佐藤徹哉夫妻から、根を手漉き紙のネリにもちいるトロロアオイの種子をたくさんいただきました。花は短命で一日で結実しますがアオイに似た大輪の花は見事です(まとめ)。地植えか大型の鉢が好適で春四月中旬が播き頃ですのでサラマ・プレス倶楽部会員のかたにおわけします。五日市町軍道紙由来のトロロアオイ情報はもうしばしのお時間を頂戴。
{写真協力:春田ゆかりさん}

satoukoubou DSCN8032[1] DSCN8850 春田さん03 春田さん01 春田さん02 DSCN8828

【花筏】 きょうは中秋の名月 なれど 迫りくる颱風が心配  トロロアオイが大輪の花をたくさんつけました

投稿 

停滞する秋雨前線と連続して襲来する颱風。どこか妙な昨今の天候。だから中秋をわすれていた。それをグーグルに教えられるとはなさけない。吾が空中花壇は陽ざしが傾くとともに秋桜が咲き秋の気配が濃くなった。「トロロアオイ」は年越しの株と、ことし五月初旬に播種した二鉢ともにあわい黄色の大輪の花をつけはじめた。ノー学部はミニトマトの収穫が減り、早くも「かぼちゃ祭り」気分。昨夜も今夜も名月は望むべくもないが、せめて「月餅」でも愉しみたい気分。

DSCN7554 DSCN7557 DSCN7558 DSCN7564

一週間の中国出張。すっかりよみがえったトロロアオイが大輪の花をつけて迎えてくれた

投稿 

ここでの{トロロアオイ}の紹介は五回目。本来なら晩夏に淡紅色の大輪の花をつけるが花期をはずした迂闊なものばかり。とりわけ五月一日報告の年越しの古株に咲いたものはわくら葉で花もあはれだった。以来施肥と水やりにつとめ花芽をたくさんみた。ところが開花目前に折悪しく中国出張となり後ろ髪を引かれるおもいで出かけた。帰国後まっさきに花鉢をみた。みごとな開花であったしつぎ/\に開花がつづく、播種した新芽もおおきく成長。なにごとも丹精が肝要か。

2,016年5月1日開花情報 DSCN7955 DSCN8519 DSCN8511

二〇〇九年五日市町からやってきた年越しの古株からトロロアオイの花が咲きました

投稿 

トロロアオイは二〇〇九年五月、都下五日市町の軍道紙の工房からわけていただいた数株の苗がはじまり。例年三月下旬種を播き、その2―3本を定植して花を楽しんだ。昨年は開花時期に国外旅行で大輪の花をみずにおわる。ろくに肥料もやらず鉢をそのままにしておいたら四月下旬に花をつけた。例年に比ぶべくもない小ぶりな花だったがうれしかった。ほかにも花芽をつけていたのであわてて液肥を購入してつぎの開花をまっている。

トロロアオイの花。2013.10 とろろあおい播種 DSCN7232

播種時を失しかわいそうなことをした/晩夏に咲くトロロアオイが初冬のいま、けなげに、可憐に、つぎ〴〵と開花中

投稿 

咲きましたよ、ついに。空中花壇を改装工事で失ってからガーデニングの楽しみが半減。ことしは鉢から生えてきた有毒帰化植物イヌホウヅキトロロアオイと勘違いして八月上旬まで育てた。ノー学部に間違いを指摘され、お盆あけに取り置きの種子を密植状態で播いたが、いかんせん遅きに失した。それでも肥料・水遣りをかさねたら、蝶も蜂もこない一二月五日から花が咲きだした。仙台・埼玉・新潟・鹿児島にもトロロアオイ育成者が。これで皆さんに顔向けができる。

DSCN5426 DSCN5483 DSCN5484DSCN5749 DSCN5755DSCN5753

【お知らせ】 5月29日[日]―6月3日[金] 北京清華大学からの招聘で出張。無事に帰国いたしました

投稿 

文字壹凜 五月一日}に貧相な花をつけたトロロアオイ。あまりに貧弱なので施肥につとめ保存の種子も別の鉢に播いた。そのため国外出張一週間の留守中に次の開花を迎えそうなほどよみがえった。新芽の発芽も順調で本来ならこの鉢に一本。密植は害になるとはいえせっかく生えてきたものを抜くのはかわいそう。殺風景だったベランダも生きかえっておそい春の気配。雀は餌をついばみにくるし鳩まで遊んでいる。北京への旅立ちを前に、あわただしく本稿をしるす。

DSCN7955 DSCN7956 DSCN7962 DSCN7969 DSCN7927

【新潟会員情報】 絵と版画製作 sketch & note 松尾和夏さん、紙漉サトウ工房 佐藤徹哉さん。開花報告に憐憫の情を

投稿 

松尾和夏さんは { sketch & note }の活動と、子育てとアトリエ新築に挑まれるパワフル造形者。そのURLに{ 紙漉サトウ工房 佐藤徹哉 }の必見大量画像がある。おふたりには{Viva la 活版 Let's 豪農の館}でお世話になった。佐藤さんは楮・トロロアオイなどを自家栽培される本格紙漉士。寒風下の開花報告に哀れをおぼしめされ激励を。まもなく深い雪にうもれる長岡市郊外栃尾の写真を送付。新潟イベント写真三千枚に手をこまねくやつがれが此処にいる。

1c451c_36d32d1a8103478caf0e36a94631017f.jpg_srb_p_653_490_75_22_0.50_1.20_0[1] 2013年空中庭園在りし時のトロロアオイ 2015年12月05日鉢植えのトロロアオイ トロロアオイの根を叩いて潰す トロロアオイの寝。ネリと呼ばれる紙漉きにつかう粘液を採る 松尾佐藤01 松尾佐藤02