【薙野たかひろ】2018 PAPER CALENDAR 元気です、継続です。36回目の挑戦

来年はクロです! 2018年ペーパーカレンダー。来年でナ、ナント36年目になります。
1982年11月にニューヨークに1ヶ月遊びにいき、まっコーフンしたのでしょう。その状態のまま帰ってきて、作りたーいと当時のクライアントにお願いしてできたのが、最初の1983年のカレンダーです。それから36年。いやはや、続くもんですね〜〜 36年分の表紙はココで見ることができます。http://www.nagino.jp/calendar_10.html ⇦ 必見の価値有り〼! というわけで来年のカレンダーです。

DSCN5671 200912nagino-1 薙野たかひろ01 薙野たかひろ02 薙野たかひろ03

投稿 

【Season's Greetings】アテネの古澤宣子さんからのクリスマスカード&実弟:古澤省吾さん

わが国の、東京のアクロポリス探しをつづけている。そんなやつがれに「わがNBRは東京のアクロポリス」にある……とされて、神田駿河台の「ニコライ聖堂」の写真を送付されたのは古澤省吾さん。ニコライ聖堂はロシア正教会 Russian Orthodox Church に属している。このかたは古澤宣子さんの実弟でNBR社はニコライ聖堂のすぐ脇にある。世代も近いので主宰されている勉強会にお招きいただき懇親会にもまぎれこんだ。新ブランド “LINEN & BASIC” のお手伝いができたらうれしくおもう。

card 20171228151054_00001 アテネにて宣子さんと ニコライ堂 17.05.09 朗文堂主人片塩二朗さんと 古澤さん勉強会resized

投稿 

【公演】国立劇場 初春歌舞伎公演『世界花小栗判官』

国立劇場
初春歌舞伎公演『世界花小栗判官』
平成三十年1月3日[水]27日[土]

初春にふさわしい華やかさと楽しさに溢れた舞台! 平成三十年の幕開けを飾る国立劇場の初芝居では、中世以降語り継がれてきた「小栗判官」伝説を題材とした歌舞伎作品の決定版と言われる『姫競双葉絵草紙』を新たに補綴し、全体のテンポアップを図ると共に、面白い趣向や演出を工夫して上演します。江戸時代の絵入り小説「絵草紙」が立体的になるような感覚でお楽しみいただけます。
【 詳細情報 : 国立劇場 】

国立劇場オモテ 国立劇場ウラ

投稿 

【Season's Greetings】 ドイツのふるい友人バウマン+バウマンより All the best…  クリスマスは雪のスイスで過ごす 

バウマン&バウマンはふるい友人。かぞえてみたら間もなく30年になる。クリスマス休暇は、愛娘のカルラ、息子のレオン、愛犬の〝wuff〟とともに雪のスイスで過ごすそうである。ところでやつがれ、無為の日〻にあり庵号なぞを決めようと愚考。「適字庵」などいかがであろう。史記・伯夷「我安適帰矣=我いづくにか適帰せん」からとった。あるべきところにいって、身をおちつかせるのこころである。文字壹凜まとめ 】【 文字百景26  バウマン+バウマンと私たち PDF moji-hyakkei 26 B&B_1 】

!cid_image001_jpg@01D374E1 !cid_image002_jpg@01D374E1 !cid_image003_jpg@01D374E1 !cid_image004_jpg@01D374E1 

投稿 

【印刷図書館】 財団創立70周年記念誌『印刷図書館コレクション』刊行/出版パーティー開催

一般財団法人 印刷図書館(理事長:山田雅義)は、2017年03月、財団設立70周年を迎えました。その記念事業の一環として、『印刷図書館コレクション』(A4判/120頁/上製本/非売品)を刊行。同書の刊行記念パーティが10月26日[木]一ツ橋如水会館で開催され、多くの来賓と会員が参集しました。来賓の挨拶につづき、永年にわたって印刷図書館の司書として活躍されている松本佐恵美さんに感謝の花束が贈呈され、会場は華やかなふんいきにつつまれました。

20171104004014_00001 DSCN4503 DSCN4505 DSCN4510 DSCN4516

投稿 

【展覧会】 ggg ギャラリー 組版造形 白井敬尚 09月26日11月07日 NHK首都圏ニュースWEB 10月03日放映配信

 ggg 企画展{組版造形 白井敬尚}
本の「組版」デザインの展覧会
本を印刷する際の文字の書体や大きさ、それに構成といった「組版」と呼ばれるデザインの魅力を紹介する展覧会が東京・銀座で開かれています。 会場にはグラフィックデザイナーとして数多くの本のデザインを手がけてきた白井さんの作品や、参考にした本などあわせて180点が展示されています。[続きと映像はソース元で リンク設定切れ]
gggギャラリー】{活版 à la carte

白井敬尚展告知   白井展03 白井展02 白井展01

投稿 

【展覧会】 ggg ギンザ・グラフィック・ギャラリー 組版造形 白井敬尚 09月26日11月07日

 ggg 企画展{組版造形 白井敬尚}
{新宿餘談}白井敬尚さんは朗文堂の古い友人、同志です。「金曜かい・掃苔会・組版工学研究会・新宿私塾」を通じて『欧文書体百花事典』『デザイン対話 表現か 再現か』『文字百景』などの図書をつくり造形・教育活動を共にしました。また河野三男『タイポグラフィの領域』『活字とエリック・ギル』、戸叶勝也『ヨーロッパの出版文化史』などのADも担っていただいた同志です。
gggギャラリー】{活版 à la carte

白井敬尚展告知 白井敬尚02-1『アイデア314号』「エミグレの歴史 1984-2005」誠文堂新光社、2006年1月
白井敬尚03『書物と活字』ヤン・チヒョルト著、朗文堂、1998年

投稿 

【よき日がいつも日日之好日】 誕生日 めでたさもほどほどなり 夜長月

九月末やつがれの誕生日をサラマ・プレス倶楽部の有志が祝ってくれた。九月は別称「夜長月」とされ、下旬には裏梅雨で雨の日も多い。歌の世界では「秋」を「飽き」にかけて使うことが多い。
わが袖にまだき時雨の降りぬるは
君の心にあきや来ぬるらん

徐徐に先輩だけでなく、友人・知人も黄泉にあそぶひとが増えてきた。つまりこの歳になると、誕生日など格別めでたくもなく「誕生日、冥土の旅の一里塚」というのが実感でもある。 嗚呼

IMG_0185

投稿 

【図書紹介】 澤田瞳子『若冲 jakuchu』(文春文庫)

この作家とのはじめは立ち読みで「オール讀物」の連載「つくも神」を眺めた。二〇一五年単行本にまとめられ直木賞候補になったことも知っていた。お盆の休暇にようやく文庫版を購入した。そこではじめてこの作家が京都相国寺に隣接する同志社大学の出身と知った。若冲へのこだわりの原点をみたおもいがした。同寺は若冲との縁が深く承天閣美術館に作品を展観にいったこともあった。季節はずれの牡丹の大輪をみたおもいがした好著だった。{文字壹凜Summary

20170828180714_00001DSCN9376 (2) 20170217162515_00001 20170217162515_00004 20170217162515_00003 20170217163835_00001

投稿 

【活版 à la carte】 スラヴ民族魂のほとばしり Alfons Mucha アルフォンス・ミュシャ 巨大絵画『スラヴ叙事詩』簡略紹介

ミュシャの『スラヴ叙事詩』はチェコとスラヴ民族の伝承および歴史を題材とし、太古の時代から1918年チェコ独立までを描いている。経年劣化の予防にテンペラを基本とし一部に油彩をもちいた巨大サイズの連作絵画である。ミュシャは侵攻したドイツ軍に「国民の愛国心を刺激する」として拘留され釈放後間もなく78歳で卒した。『スラヴ叙事詩』も流転をかさねたが、現在はチェコ国立美術館分館、ヴェレトゥルジュニー宮殿に展示されている。{活版 à la carte

 bc3ed917c206a50cbc351a0e2d018015-1024x230[1] ヴェレトゥルジュニー宮殿 (Veletržní palác National Gallery in Prague)外観 スラヴ叙事詩案内板 スラヴ叙事詩『クロムニェジージュのヤン・ミリチ』『ベツレヘム礼拝堂でのヤン・フスの説教』『クジージュキの集会』 スラヴ叙事詩『イヴァンチッツェのモラヴィア兄弟団学校―クラリッツェ聖書の発祥地―』 スラヴ叙事詩『ブルガリアのシメオン皇帝―スラヴ語文学の暁の明星ー』 スラヴ叙事詩『ポジェブラッドのイジー王』 スラヴ叙事詩『ポジェブラッドのイジー王』より読書する人びと

投稿 

【Rebuilding】 朗文堂WebSite〝タイポグラフィつれづれ艸〟あまりにふるく気恥ずかしくはあるが若者に背をおされ再構築

白頭を悲しむ翁に代わりて  唐 劉 希夷
古人復た洛城の東に無く
今人還た対す落花の風
年年歳歳花相似たり
歳歳年年人同じからず
言を寄す全盛の紅顔の子
応に憐れむべし 半死の白頭翁
{新宿餘談}当WebSiteはデジタル時計では太古の時代の発足。存在が希薄となったコーナーにも若者には新鮮な発見が。ならばとて〝タイポグラフィつれづれ艸〟再構築に着手した次第。{花筏

kill-time-typography

 

投稿 

【朗文堂好日録】 あらたまの新年を迎える縁起物 江戸火消し四番組筒先のいなせな若者がポーズをバッチリ

仕事納めを明日に控え、いまだに活字版印刷で表裏四色五度刷りの年賀状印刷に追われているサラマ・プレス倶楽部。半徹夜に備えて早めに夜食を摂ろうと外出したら、二丁目の交差点で正月の縁起物の店が出ていた。撮影したいと希望したらポーズを決めてくれた。装束は江戸火消し四番組筒先とあった。火消しの筒先とは消火ホースの先端を担う役柄、纏い持ちとならび江戸火消しの花形であった。まだまだいなせな若者が活躍する新宿の夜だった。

DSCN8877 DSCN8868

投稿 

【Season's Greetings】 METAMOS 櫻井優樹/I'm home. 櫻井真理さん新ブランド〝IRAM〟意欲的に立ち上げ

METAMOS 櫻井優樹I'm home. 櫻井真理さんから時候のご挨拶。漢字{四川宋朝体 龍爪}、和字{Tradition 9 はやと}をご使用。多くの分野で活躍する櫻井優樹さん、写真家でキャンドルアーティストのパートナー櫻井真理さんと〝IRAM〟ブランドを立ち上げ。〝IRAM〟はハンドメイドのキャンドル工房。インテリアとして日々を豊かにし、 火を灯した際には「光・香り・音」が混ざり合い安らぎを与えるそんなキャンドルを作りたいと思っています。

20161226184629_00001 yu_portrait_thumb_300[1] m5_02[1] m5_03[1]龍爪パッケ 和字Tradition9櫻井優樹カードiram_about[1]item_r_02[1]item_r_11[1]

投稿 

【Season's Greetings】 ドイツの友人バウマン+バウマンより All the best… 『文字百景56 ひぎ みだり』PDF紹介

前回の{文字壹凜}紹介を通知したら「もうみましたよ」と返事がきた。文章量をおさえて画像の多い{文字壹凜}は外国の閲覧者が多い。『lechts rinks  ひぎ みだり』を引っぱりだしたらカバー袖に意外な資料が。富士山をみたいというので一八年前に箱根にいった折の写真。右から塚本正人、やつがれ、逆さだるまゲアド、バーバラ、故西野洋。多感なゲアドは泣くかもしれない。年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず。
【PDF moji-hyakkei 26 B&B_1

!cid_image001_jpg@01D24635 DSCN0760 DSCN0922
20161217225153_0000220161217225153_0000120161217225153_0000320161217225459_00001

投稿 

【Season's Greetings】 ドイツの友人バウマン&バウマンより north meets south

シュヴェービッシュ・グムントという歯を噛みそうな、ふるくてちいさな街に住居とオフィスをおくバウマン&バウマンとは、小社がフランクフルトのブックメッセに出展していた十年ほど前までは毎年会っていた。その後日本にも数度訪問教授として、私的旅行でバウマン夫妻は来日。それらのよきおもいでは幾層にもかさなる。ふたりはあいかわらずローティス書体にこだわり創作意欲はさかんである。うれしい便りをいただいた。
【文字百景56号 バウマン&バウマン】

!cid_image003_jpg@01D22EB7 !cid_image009_jpg@01D22EB7 B&B ゲアド B&B バーバラ
!cid_image001_png@01D239D9

投稿 

【図書紹介】 ヘルムート・シュミット タイポグラフィック・リフレクション 12 『nippon no nippon』

はじめはTM誌であった。それが小社刊『 japan japanese 』となった。さらに愛娘ニコール ・ シュミットと、夫君:長谷川哲也氏によって「京都 ddd ギャラリー」で{nippon no nippon}と題されて三次空間への具現化をみた。 ここまでの「まとめ」として自主企画出版『タイポグラフィック ・ リフレクション 12 nippon no nippon』が完成。小社のWEBサイトにも{ 朗文堂ニュース }{ 文字壹凜 }に相当量の記録がのこった。
【 詳細  helmut schid design

schmid_001+5 schmid_002+5 schmid_003+5

投稿 

【ボヘミアン、プラハをいく】 04 パリ在住磯田俊雄さん、フランス版『山椒魚戦争』と、フランソワ一世シャンボール城サラマンダーメダル持参

チェコプラハのボヘミアン、兄:ヨゼフ、弟:カレルのチャペック兄弟がおもしろい。大石の関心は『山椒魚戦争』。やつがれはプラハ10区旧カレル邸の未公開庭園をみてますます『園芸家の12カ月・園芸家の一年』。パリ在住の磯田さんが一九六〇年フランス刊 『La Guerre des Salamanders』を購入持参。邦訳書『山椒魚戦争』は無意味に難解。だからやつがれ『園芸家の一年』を{わっせクン}の見まもる{空中花壇}で耽読の日日。{活版 à la carte

bc3ed917c206a50cbc351a0e2d018015[1]DSCN8375 イラスト:ヨゼフ・チャペック カレル・チャペックの庭園 20161027164925_000021[1]わっせクン

投稿 

【空中花壇】 花のときから種のときへのうつろい 薬草ともされる{おかわかめ}が時季はずれの緑のカーテン

吾が空中花壇の女王「とろろあおい」はことしは二鉢五株が育ち、ノー学部が勝手に切った花弁をはじめて食した。感想は無い(怒)。いまは種を懸命に育てている。けなげに紅白の花をつけ続けたコスモスはさすがに疲れてきた。ここにきて元気に緑のカーテンをつくっているのが雲南百薬おかわかめ。晩夏に気紛れに買った黒ポット一鉢から、挿し芽・ムカゴで殖えている。サラダ・味噌汁での食感はぬるぬるしてまさにわかめそのもの。来春は会員配布が増えそうな勢い。

DSCN7556 DSCN8261 DSCN8260 DSCN8259

投稿 

【図書紹介】 『よしふみ と からあげ』 ①②③ 関口かんこ 講談社コミックプラス

「社畜人間」にして飼い主【よしふみ】と食材として売られていたウーパールーパー【からあげ】のおはなし。版元は講談社。推薦者はサラマ・プレス倶楽部。あらたなる山椒魚戦争のはじまりです。
家に帰っても一人。そんな時話し相手がいてほしいと思いませんか。そんな気持ちを満たすかどうかはわからないけれど、飼い主・よしふみとペット・からあげが、会話したりケンカしたりたまに思いやったりして日々を過ごす〝水浸し日常マンガ〟。 著者は関口かんこさん

山椒魚戦争 main[1]

投稿 

【会員情報】 Bonamiのアトリエで、紙芝居「すずちゃんの のうみそ」の原画展を開催

いつも、どこか、なにか、いい感じの Bonami のトリオ。このたび Bonami のアトリエで、紙芝居「すずちゃんの のうみそ」の原画展を開催。
【日時】八月二六・二七・二八日、九月一〇・一一日の五日間 一三時―一八時
【場所】Bonami  神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴一〇九九―一五 二F
    電話   0465―46―8590
開催日時に注意して、皆さまも真鶴にお出かけになりませんか。
【 企画詳細 : アトリエ ボナミ 】 

bonami_logo_rs7-01[1] 5bf55735e09b48c714bebf60ab82355e[1] bc101ff354cb61ab263c440e4b4b830a[1] 901368_509002552494666_1227783139_o[1]

投稿 

【朗文堂好日録】 きょうは  処 暑 夏の暑さもおさまります

リオのオリンピック、甲子園の高校野球と連日熱くて暑い夏でした。おまけにふたつの颱風が日本列島を断ちわるように駈けぬけ、颱風一〇号ははるか南方沖でさすらって方途がわかりません。皆さまご健勝でいらっしゃいますか。
暦法二四節気ではきょう八月二三日は「処暑」で、夏の暑さがおさまる頃とされますが、また颱風が襲来する時季のはじめともされます。それでも吾が空中花壇では「秋桜 コスモス」が花をつけました。ちいさな秋がはじまりました。

DSCN6597 DSCN6594

投稿 

【朗文堂好日録】 夏の盛りには赤い色の花が元気らしい。新宿御苑脇街路樹の百日紅と空中花壇が赤い花ばかりになっている

「百日紅 さるすべり」とはよく名づけたものだ。夏の青空のもと紅の花を長らくつける。吾が「空中花壇」もいつの間にか赤く染まった。「ロダンの椅子」で妄想。〔この花柄を乾燥させTシャツを草木染めにしよう〕。明日早朝二年ぶりにプラハ再訪弾丸旅行前回はまったく手探り。今回はカレル大学に会員の博士山崎が研修留学中。カフカ チャペック兄弟、就中兄ヨゼフのタイポグラフィをみたい。アドルフ・ロースの建築を博士の尽力で見る。心配は留守中の灌水。

DSCN9735 DSCN9763 DSCN9767 プラハ[1]プラハ絵はがき01 プラハ絵はがき02 プラハ絵はがき03 プラハ絵はがき04

 

投稿 

【縦組みブログロール 文字壹凜】 もじいちりん へようこそ 文(≒紋)と字 ひとつ 凛として

朗文堂ウェブサイトの更新に際して、いつまでもウェブサイトが横組み中心になっていることに不満があり、すこし冒険したいとサイト管理者に申しでた。
「おもしろいですね」
リスクをおそれない管理者が乗ってくれた。まぁ周回遅れの「オヤジ版縦組み式つぶやき君」にちかいものとおもっておつき合いいただきたい。以下記事降順。
サイト管理者/千星健夫 NECKTIE design office

題字の製作者/美登英利 mitografico

投稿