タグ別アーカイブ: あべのハルカス美術館

【展覧会】あべのハルカス美術館|あべのハルカス美術館開館10周年記念|円空 ―旅して、彫って、祈って―|’24年2月2日-4月7日|中間点

あべのハルカストップあべのハルカス美術館
あべのハルカス美術館開館10周年記念

円空 ―旅して、彫って、祈って―
開催期間  2024年2月2日[金]- 4月7日[日]
会  場  あべのハルカス美術館
      545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋 1-1-43 あべのハルカス 16F
開館時間  火 - 金 / 10:00 - 20:00
      月土日祝 / 10:00 - 18:00  * 入館は閉館30分前まで
休  館  日  2024年2月5日[月]、3月4日[月]
入  館  料  当日・個人 一 般 1,800円、 大 高 生 1,400円、 中 小 生 500円
      * チケット各種割引・優待情報、関連イベント情報などは下掲詳細参照
主  催  あべのハルカス美術館、NHK大阪放送局、NHKエンタープライズ近畿、朝日新聞社
──────────────
あべのハルカスA あべのハルカスB☆活版アラカルト掲載図版のほとんどは 図版画面をクリック or タップすると拡大表示されます☆ 

修行の旅に生涯を捧げ、人々のために祈りを込めて仏を彫った円空。生涯に12万体の神仏を彫る誓願を立てたといわれ、飛神の剣のようにノミを振るい、神仏を彫り続けました。 謎の多い一生ですが、その生きた証として、優しく微笑む観音像、迫力に満ちた護法神像など、今も5千体を超える神仏の像が伝わり、人々に愛されています。 本展では初期から晩年までの代表作により、創造の足跡をたどります。

※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : あべのハルカス美術館  あべのハルカス美術館 開館10周年特設ページ 

【展覧会】あべのハルカス美術館|安野光雅展|’23年9月16日-11月12日|終了

安野光雅0901

あべのハルカス美術館
安野光雅展
開催期間  2023年9月16日[土]- 11月12日[日]
開館時間  火 - 金 / 10:00 - 20:00
      月土日祝 / 10:00 - 18:00  * 入館は閉館30分前まで
会  場  あべのハルカス美術館
      大阪市阿倍野区阿倍野筋 1-1-43 あべのハルカス 16F
休  館  日  2023年10月16日[月]   * 貸切鑑賞会「たまご&ひよこ + おしゃべり DAY」
入  館  料  一 般 1,600円、 大 高 生 1,200円、 中 小 生 500円
      * 各種割引、優待情報などは下掲詳細参照。
主  催  あべのハルカス美術館、朝日新聞社、関西テレビ放送
──────────────安野光雅0902◆ あべのハルカス美術館|安野光雅展|’23年9月16日-11月12日 ◆
島根県津和野町に生まれた安野光雅(1926-2020)は、半世紀以上にわたり画家、絵本作家、装丁家として多彩な活躍を続けました。その独創的な作品は国内外の高い人気を得ています。

本展では、絵本のデビュー作『ふしぎなえ』から、近年の大作『繪本 三國志』まで、やさしく、美しく、ユーモアと不思議にあふれた安野ワールドを紹介します。

※ 本展は作家存命中の2020年春に新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止した企画を改めて開催するものです。
※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : あべのハルカス美術館  展覧会公式サイト ] 島根県津和野市 安野光雅美術館

【展覧会】あべのハルカス美術館|恐ろしいほど美しい 幕末土佐の天才絵師 絵金|’23年4月22日-6月18日

絵金01絵金02

あべのハルカス美術館
恐ろしいほど美しい
幕末土佐の天才絵師 絵金
開催期間  2023年4月22日[土]- 6月18日[日]  * 会期中、展示替えがあります。
         前 期:4月22日[土]- 5月21日[日]
         後 期:5月23日[火]- 6月18日[日]
会  場  あべのハルカス美術館
      大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
開館時間  火-金 / 10:00 - 20:00
      月土日祝 / 10:00 - 18:00 * 入館は閉館30分前まで
休  館  日  2023年4月24日[月]、5月8日[月]、22日[月]
入  館  料  一  般  1,600円、 大 高 生 1,200円、 中 小 生  500円
      * 当日・個人・税込価格を表示。各種割引・優待は下掲 公式詳細 を参照
主  催  あべのハルカス美術館、読売新聞社、関西テレビ放送
────────────────────
謎の天才絵師とも呼ばれる土佐の絵師・金蔵は、幕末から明治初期にかけて数多くの芝居絵屏風などを残し、「絵金さん」の愛称で、地元高知で長年親しまれてきました。
同時代のどの絵師とも異なる画風で描かれた屏風絵は、今も変わらず夏祭りの数日間、高知各所の神社等で飾られ、闇の中に蝋燭の灯りで浮かび上がる、おどろおどろしい芝居の場面は、見るものに鮮烈な印象を残しています。

本展は、高知県外では約50年ぶりの大規模展です。幕末の土佐に生き、異彩を放つ屏風絵・絵馬提灯などを残した「絵金」の類稀なる個性と、その魅力について、代表作の数々で紹介します。

※ 大和文華館、松伯美術館、あべのハルカス美術館は、近鉄グループが運営する美術館です。
※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上ご参観を。
[ 詳 細 : あべのハルカス美術館 ]

【展覧会】あべのハルカス美術館|アリス ─ へんてこりん、へんてこりんな世界 ─ Alice : Curiouser and Curiouser|’22年12月10日-’23年3月5日|終了

アベのハルカス01 あべのハルカス美術館02

あべのハルカス美術館
アリス ── へんてこりん、へんてこりんな世界 ──
Alice : Curiouser and Curiouser
開催期間  2022年12月10日[土]- 2023年3月5日[日]

開館時間  火 - 金 / 10:00 - 20:00
      月土日祝 / 10:00 - 18:00 *入館は閉館30分前まで
会  場  あべのハルカス美術館
      大阪市阿倍野区阿倍野筋 1-1-43 あべのハルカス 16 F
休  館  日  2022年12月12日[月]、31日[土]、2023年1月1日[日]
入  館  料  一 般 1,800円、大 高 生 1,400円、中 小 生 500円
主  催  あべのハルカス美術館、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、朝日新聞社、
      関西テレビ放送
──────────────
ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』は、1865年に初版本が発行されて以来、今もなお世界中の人々を魅了し続けています。本展は、英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V & A)発の国際巡回展です。ジョン・テニエルの貴重な原画をはじめ、物語をモチーフにした映画やデザイン、舞台やファッションなど、約300点の作品をとおして、約160年の長きにわたり愛され続ける『不思議の国のアリス』の魅力を紐解きます。

※ 大和文華館、松伯美術館、あべのハルカス美術館は、近鉄グループが運営する美術館です。
※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上ご参観を。

[ 詳 細 : あべのハルカス美術館  展覧会公式サイト

【展覧会】あべのハルカス美術館|楳図かずお大美術展|KAZUO UMEZZ THE GERAT ART EXHIBITION|’22年9月17日-11月20日|会期終了

楳津01 楳津02

あべのハルカス美術館
楳図かずお大美術展
KAZUO UMEZZ THE GERAT ART EXHIBITION
開催期間  2022年9月17日[土]-11月20日[日]     ★ 会 期 末 ★
会  場  あべのハルカス美術館
      大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F
開館時間  火-金 / 10:00-20:00 月土日祝 / 10:00-18:00 *入館は閉館30分前まで
休  館  日  2022年9月26日[月]
入  館  料  一 般 1,700円、大 高 生 1,300円、中 小 生 500円
──────────────
傑出した漫画作品を多く世に送り出した楳図かずお。その作品には漫画という既存の分野だけでは語りきることができない先見的な世界観、幻視的なビジョンが至るところに発揮されています。
本展は27年ぶりとなる新作を公開するとともに、「楳図かずおの世界」を気鋭のアーティストらによるインスタレーションで読み解こうとする今までにない展覧会です。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上参観を。
[ 詳細 : あべのハルカス美術館  展覧会公式サイト

【展覧会】あべのハルカス美術館|庵野秀明展|’22年4月16日-6月19日

あべの01あべの02

あべのハルカス美術館
庵野秀明展
開催期間  2022年4月16日[土]-6月19日[日]
会  場  あべのハルカス美術館
      大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 16 F
開館時間  火-金/10:00-20:00 月土日祝/10:00-18:00
      * 入館は閉館30分前まで
休  館  日  2022年4月18日[月]、5月9日[月]
入  館  料  一 般 1,900円、大高生 1,400円、中小生 500円
共  催  朝日新聞社、読売テレビ
──────────────
総監督を務めた最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が、興行収入100億円を突破し、今なお記録を伸ばし続けている庵野秀明。 本展は、アニメーター時代に参加した過去作品や、監督、プロデューサーとして活躍する最新の仕事までを網羅し、創作活動の秘密に迫ります。 自身の原点となった「アニメ」「特撮」作品の貴重な原画やミニチュアなどをはじめ、アマチュア時代から現在までの直筆の膨大なメモやイラスト、独自の映像作りに欠かせない脚本、設定、イメージスケッチ、画コンテ、レイアウト、原画からミニチュアセットに至るまで多彩な制作資料を余すところなく展示する世界初の展覧会です。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上参観を。
[ 詳細 : あべのハルカス美術館  公式サイト