タグ別アーカイブ: 八王子市夢美術館

【展覧会】八王子市夢美術館|特別展 ムットーニワールド からくりシアターⅤ|’24年2月3日-3月24日

20240202192751_00001 20240202192751_00002

八王子市夢美術館
特別展
ムットーニワールド からくりシアターⅤ
会  期  2024年2月3日[土]- 3月24日[日]
開館時間  10:00 - 19:00  * 入館は閉館の30分前まで
休  館  日  月曜日  * ただし、祝日の場合は開館し翌日休館
会  場  八王子市夢美術館
      〠 192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子 2F
      TEL. 042-621-6777 FAX 042-621-6776
観  覧  料  一般:700円、学生(高校生以上)・65歳以上:350円、中学生以下 無料
監  修  武藤政彦
協  力  ケンジタキギャラリー
企画協力  株式会社パラスタイル、大黒杏子
主  催  公益財団法人 八王子市学園都市文化ふれあい財団(八王子市指定管理者)
──────────────────────
― 暗闇の箱のなかに光が灯り、効果音、音楽、照明が交差し、人形たちが動き出す。
それらが融合したとき、ムットーニワールドへの扉が開かれる ―
2009年にスタートした「ムットーニワールド からくりシアター」シリーズ。
前回2018年開催の「Ⅳ」より、6年の歳月を経て待望の「Ⅴ」が開催されます。今回もお馴染みの人気作から、夢美術館初出品作を含む20点余りを展示予定です。

ボックス・シアターとも称されるムットーニ(本名:武藤政彦)作品は、全てが作家の手によるもの。美しく彩られた木製のからくり箱、繊細な表情をした物語の登場人物たちも、粘土を使って一体一体丁寧に制作されています。そして作品の要である電機仕掛けの“からくり”に至るまでムットーニ氏が設計、配線までをこなしています。そうして丹精込めて構築された作品に、淡い光、音楽や効果音が加わり一つの世界が誕生します。

また、作品の稼働に合わせて作中のストーリーを作家本人が語る「上演会」は、より強い力で観客を作中に引き込みます。いわゆるヴィジュアル ストーリー テリングともいえるこの手法は、他に類を見ない新たな芸術性を感じさせるものです。「何度でも見たくなる」ムットーニ作品の魅力は、これに由来しているのかもしれません。もちろん今回も上演会を随時開催予定です。作品と共にぜひお楽しみください。
※展示内容は変更になる場合があります。

ムットーニワールド からくりシアターⅤ」作品リスト・タイムテーブルはこちら

出品作品(予定)
《サーカス》、《ザ・ダイアリー・オブ・ウィングズ》、《プリモ・テンポレ》、《インターメッツォ》《サテライト・キャバレー》、《カンターテ・ドミノ》《ヘル・パラダイス》、《ジャングル・パラダイス》、《ザ・ナイト・エンジェル・カムズ》 ほか多数。

ムットーニ(本名 武藤政彦)
exb112_profile1956年横浜市生まれ。工場が立ち並ぶ京浜工業地帯で少年時代を過ごす。家に帰ると、その日見て感じたモノを油粘土で再現して遊んでいた。十代半ばから油彩画を描き始め、高校卒業後、創形美術学校に入学。卒業後、東京都国立市にアトリエを構えのちに再び粘土による人形制作に没頭。人形、光、効果音、背景の転換などの要素を詰め込んだ「箱」が、電動の仕掛けによりストーリー展開していくという独自の世界を確立し、高い評価を得ている。 文学作品をモチーフにしたものは、世田谷文学館、前橋文学館にコレクションされている。

※ 下掲詳細公式サイトで最新情報を確認の上ご観覧を。
[ 詳 細 : 八王子市夢美術館    MUTTONI OFFICIAL SITE

【展覧会】八王子市夢美術館|特別展 めぐりあう大津絵|笠間日動美術館・小絲源太郎コレクション&神戸女子大学古典芸能研究センター・志水文庫の大津絵|’23年9月15日-11月5日|終了

hatiouji omote

八王子市夢美術館
特別展 めぐりあう大津絵
笠間日動美術館・小絲源太郎コレクション &
神戸女子大学古典芸能研究センター・志水文庫の大津絵
会  期  2023年9月15日[金]- 11月5日[日]
開館時間  10:00 - 19:00 * 入館は 閉館の30分前 まで
休  館  日  月曜日  * ただし祝日の場合は開館し翌火曜日休館。
会  場  八王子市夢美術館
      192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子 2 F
      TEL. 042-621-6777
観  覧  料  一 般:800円、学生(高校生以上)・65歳以上:400円、中学生以下無料
特別協力  学校法人行吉学園 神戸女子大学古典芸能研究センター
主  催  公益財団法人 八王子市学園都市文化ふれあい財団(八王子市指定管理者)
────────────────────hatiouji ura◆ 八王子市夢美術館|特別展 めぐりあう大津絵|笠間日動美術館・小絲源太郎コレクション & 神戸女子大学古典芸能研究センター・志水文庫の大津絵|

大津絵は、滋賀県大津市の大谷・追分周辺で、江戸時代初期から旅人向けのお土産、護符として流通していた絵画です。その起源については諸説ありますが、一説によれば慶長年間に発生した本願寺の分立により、門前町からの立ち退きを命じられた絵仏師たちが追分の地に転居し、旅人相手に手頃な値段の仏画を販売したことがその始まりであるといわれています。
時代が降るにつれて、神社の絵馬に見られる図柄、あるいは風俗図など幅広い画題が取り入れられて世俗化していった大津絵は、同時代の絵画だけでなく、人形浄瑠璃や歌舞伎、浮世草子や合巻などの文学作品、そして道徳哲学の分野にも影響を与えるほど庶民の間に浸透していきます。
また近現代に入ると、多くの文化人たちがその造形的な面白さに惹かれ、美術コレクションとしてさかんに蒐集されるようになるとともに、大津絵と日本の文化史との関係性について、様々な角度から活発に研究が進められるようになりました。

本展では、昭和の洋画家・小絲源太郎氏(1887-1978)が蒐集した大津絵コレクションを展示します。また、演劇資料や仏教版画の蒐集がきっかけとなって、大津絵に興味をもって研究した、国文学者・信多純一氏(1931-2018)による大津絵とその関連資料のコレクションも展示。
芸術家の視点からの蒐集品と、研究者としての視点からの蒐集品という、二つのコレクションがもつ個性を対比しつつ、時を越えて人々から愛される大津絵の魅力に迫ります。

※ 下掲公式詳細サイトで最新情報をご確認のうえ、ご観覧ください。
[ 詳 細 : 八王子市夢美術館

【展覧会】八王子市夢美術館|特別展 ピーター・シスの闇と夢|’23年6月30日-8月31日|終了

20230704191436_0000120230704191436_00002

八王子市夢美術館
特別展
ピーター・シスの闇と夢
会  期  2023年6月30日[金]- 8月31日[木]
開館時間  10:00 - 19:00 * 入館は 閉館の30分前 まで
休  館  日  月曜日      * ただし、7/17[月・祝]は開館、7/18[火]は休館。
会  場  八王子市夢美術館
      192-0071 東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子 2 F
      TEL. 042-621-6777
観  覧  料  一 般:900円、学生(高校生以上)・65歳以上:450円、中学生以下無料
後  援  チェコ共和国大使館、チェコセンター東京
主  催  公益財団法人 八王子市学園都市文化ふれあい財団(八王子市指定管理者)
────────────────────
現代アメリカを代表する絵本作家ピーター・シス。その作品は国際アンデルセン賞など数々の絵本賞で称えられ、多くの人々を魅了しています。
1949年にチェコスロヴァキア(現チェコ共和国)に生まれ、首都プラハや留学したロンドンでアニメーションを学んだシスは、ベルリン国際映画祭アニメーション部門で金熊賞を受賞するなど高い評価を得ます。しかし、当時のチェコスロヴァキアは冷戦の暗い影にのみこまれ、独創的な表現が許されがたい状況にありました。国際的に活動していた映像作家の父や、アメリカで暮らしたことのある祖父の影響で、幼いころから多様な文化に親しんでいたシスは、より自由な表現を求めアメリカでの活動を選びます。

シスの絵本は、祖国チェコへの想いを描いた作品、小さな子どもたちのための作品、広い世界を旅した英雄の物語、ダーウィンやガリレオなど強い意思を貫いた偉人の伝記など、そのテーマは様々です。また、アニメーションや新聞・雑誌の挿絵、公共空間のためのアートプロジェクトなど、その創作の軌跡には表現することの渇望と喜びが溢れています。
本展覧会では、影から光へとたどってきたシスが人生をかけてつむいだ、闇と夢が織りなす作品の数々を紹介します。

※ 下掲公式詳細サイトで最新情報を確認のうえ、ご観覧ください。
[ 詳 細 : 八王子市夢美術館