タグ別アーカイブ: DIC 川村記念美術館

【展覧会】DIC 川村記念美術館|マン・レイのオブジェ 日々是好物|いとしきものたち|’22年10月8日-’23年1月15日

DICkawamura 01 DICかわむら02

DIC 川村記念美術館
マン・レイのオブジェ
日々是好物|いとしきものたち
会  期  2022年10月8日[土]-2023年1月15日[日]
        * 会期中に展示替えがあります
        前 期:10月8日[土]-11月20日[日]
        後 期:11月22日[火]-1月15日[日]
時  間  9:30-17:00(入館は16:30まで)
休  館  日  月曜    * 10月10日、1月2日、1月9日は開館)、10月11日㈫、12月25日㈰-1月1日㈰、1月5日㈭、1月10日㈫
入  館  料  一 般 1,500円、学生・65歳以上 1,300円、小中学生・高校生 600円
主  催  DIC 株式会社
──────────────
マン・レイ(Man Ray,  1890–1976)は20世紀にアメリカとパリで活躍した芸術家で、絵画をはじめ、写真、オブジェ、映画など多岐にわたる作品を手掛けました。
本展は、作家が活動の後期より「我が愛しのオブジェ」と称したオブジェ作品に注目し、展観します。パリに憧れたユダヤ系アメリカ人として言葉の壁に当たり、大戦に翻弄されながらも、多くの芸術家や愛する人との出会いと別れを繰り返し生きたマン・レイ。彼が生涯にわたり自由に制作したオブジェは、ものや言葉の詩的な組み合わせで成り立ちます。
独自の手法で同じ主題のオブジェを再制作したことも特筆すべき点で、ここには「芸術作品のオリジナリティ」という大きな問いに対する、ひとつの提案が含まれています。本展では、国内所蔵のオブジェおよそ 50 点を軸として、関連する作品や資料を合わせた約 150 点をご紹介します。

◉ 展覧会の副題について
「日々是好物|いとしきものたち」
言葉遊びはマン・レイのオブジェ制作の重要な手法です。今回は禅の用語である「日々是好日」をもじった「日々是好 ” 物 ”(もの、オブジェ)」という造語を充てることで 言葉遊びの手法のオマージュとしました。アイデアが浮かんだ瞬間に日用品や言葉を組み合わせて作品となったマン・レイのオブジェは、関係のないもの同士を出会わせて違和感をもたらすシュルレアリスムの「デペイズマン」の切り口で説明されることが多いものの、マン・レイの視点と構成の仕方はむしろ「見立て」や「取合せ」といった茶道の粋な遊びに近いのではないでしょうか。また、マン・レイのアトリエは常にオブジェで溢れており、それらは彼の日常にある「愛しいもの」だったと言えるでしょう。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上参観を。
[ 詳 細 : DIC 川村記念美術館