タグ別アーカイブ: 大倉喜八郎

【展覧会】大倉集古館|企画展 大倉コレクション ― 信仰の美 ―|’22 年11月1日ー’ 23年1月9日

大倉01 大倉02

大倉02

大倉集古館
企画展  大倉コレクション ― 信仰の美 ―
会  期  2022年11月1日[火]- 2023年1月9日[月・祝]
      * 途中一部展示替あり:後期展示 12 月 6 日[火]から
開館時間  10:00 ー 17:00(入館は 16:30 まで)
休  館  日  毎週月曜日(祝休日の場合は翌火曜日)、年末年始(12/29-1/1)
入  館  料  一般 1,000 円、大学・高校生 800 円、中学生以下 無 料
会  場  大倉集古館 1F・2F 展示室
      105-0001 東京都港区虎ノ門 2-10-3(The Okura Tokyo 前)
      TEL : 03-5575-5711(代表) FAX:03-5575-5712
主  催  公益財団法人 大倉文化財団・大倉集古館
──────────────
大倉集古館を設立した実業家・大倉喜八郎(1837-1928)は、明治初年の廃仏棄釈によって仏像や仏画が寺社から流出し廃棄されてゆく状況を憂いて、それらの文化財の保護に尽力しました。喜八郎が蒐集した仏教美術作品には、釈迦信仰をはじめ、密教や浄土教信仰が生み出した美麗のほとけなど、中世から近世にいたる優品が数多くみとめられます。
本展ではこれらの日本仏教美術コレクションに焦点をあて、収蔵品を中心に信仰の歴史をたどり、そこに託された人々の祈りと美のかたちをご紹介します。
当館を代表する名品、国宝〈普賢菩薩騎象像〉を併せて公開いたします。

[ 詳 細 : 大倉集古館 ]