タグ別アーカイブ: 日中友好会館美術館

【展覧会】日中友好会館美術館|第31回中国文化之日|主催展「Chinese Shadow Puppets 陝西皮影の世界」 |’9月17日-11月7日

20211022144531_00001 20211022144531_00002

日中友好会館美術館
第31回中国文化之日 主催展「Chinese Shadow Puppets 陝西皮影の世界」
会  期  9月17日[金]-11月7日[日]
時  間  10:00-17:00 * 毎週金曜日は 20:00 まで開館。  入場無料
休  館  日  月曜日
主  催  公益財団法人日中友好会館、陝西省文化観光局
─────────────
今年の「中国文化之日」は「Chinese Shadow Puppets 陝西皮影の世界」と題し、中国各地にある皮影の中でも、その精緻な美しさと芸術性の高さから中国皮影の逸品と称される「陝西皮影-せんせい ピーイン」にフォーカスして皆さまにご紹介します。

中国では古くから「映画の先駆け」といわれる皮影戯(ピーインシー)、いわゆる影絵芝居が、庶民の娯楽として親しまれてきました。皮影戯には、牛やロバの皮をなめして彫刻や彩色を施した影絵人形 “ 皮影-ピーイン ” が使われています。自由に旅行ができない今、日本で本場の皮影が鑑賞できる貴重な機会となります。陝西皮影の幻想的な世界をご堪能下さい。

〇 見どころ ◯
 陝西省を代表する皮影作家・汪天喜氏の作品を中心に、頭(かしら)などの細かいパーツから、全長4mにも及ぶ大作まで、200点以上の皮影が大集結します。単に道具という枠を超え、芸術品としても一見の価値がある繊細で美しい皮影をお楽しみ下さい。
 会場内のミニシアターでは、本展のために撮り下ろした皮影戯の動画をご覧いただけます。チャン・イーモウ監督の映画『活きる』にも出演した劉華氏が、特徴的な節回しに乗せて生き生きと皮影を操ります。
 会場に体験コーナーを設置。実際の皮影に触れて、遊んで、皮影の魅力を存分に堪能。

※状況により展覧会の予定に変更が生じる場合がございます。最新情報及び新型ウイルス感染症「COVID-19」防止対策については、こちら または美術館 SNS をご確認下さい。
※揚琴演奏会開催中は入場制限を行います。予めご了承ください。
[ 詳細 : 日中友好会館美術館

【 YouTube 無形文化遺産:西安の皮影/影絵芝居を探索、陝西省皮影芝居文化を学ぶ 】