タグ別アーカイブ: 牧野富太郎

【特別展】 鷗外の「庭」に咲く草花-牧野富太郎の植物図とともに 森鷗外記念館 4月8日-7月2日

鷗外と牧野 森鷗外02文京区立森鷗外記念館特別展
「鴎外の〈庭〉に咲く草花―牧野富太郎の植物図とともに」
2017年4月8日[土]-7月2日[日]
──────────
文京区立森鷗外記念館には、『花暦』と題する鷗外の自筆原稿が遺っています。この原稿には、2月から9月までの8カ月間の草花の開花状況が記されています。書かれた年代は確定できていませんが、明治30年頃の観潮楼(鷗外自邸)の庭を観察したものと推定されます。

明治の文豪・森鷗外が草花を観察していたこと、少し意外に思われるかもしれません。鷗外の日記や子どもたちの遺したエッセイからは、草花を好み園芸を楽しむ一面をみることができます。
また、鷗外は自身の作品の中にもたくさんの草花を登場させています。その数500種以上、植物専門家でもないひとりの作家が取り上げる数としては、並外れた数といえるでしょう。
作品の中の草花は、季節感や自然の美しさを忠実に伝えるものもあれば、鷗外の想いを伝える表現手段として登場するものもあります。草花の健やかな姿に鴎外は心を癒されると同時に、草花への関心が創作活動の契機にもなっていたにちがいありません。

本展では、観潮楼で咲いていた草花と、鴎外作品にみられる草花を、鴎外と同じ文久2(1862)年生まれの植物学者・牧野富太郎の植物図とともに紹介します。
草花の姿や印象を文字で記録した鷗外と、部分図や解剖図を盛り込み形態や性質を緻密な図で記録した牧野。
互いの日記に名前が記されるなど、ふたりには交流もありました。物事を克明に捉え続けたふたりの目を通して、鷗外の〈庭〉に咲く草花をご覧ください。

【 詳細 : 文京区立森鷗外記念館