タグ別アーカイブ: 上野の森美術館

【展覧会】上野の森美術館|日中国交正常化 50 周年記念|兵馬俑と古代中国 ~秦漢文明の遺産~|’22 年11月22日-’23 年2月5日|会期末

上野の森兵馬俑

上野の森美術館
日中国交正常化 50 周年記念

兵馬俑と古代中国 ~秦漢文明の遺産~
会  期  2022 年11月22日[火]- 2023 年 2月5日[日]
開館時間  9:30 - 18:00 * 入館は閉館の 30 分前まで
休  館  日  2022 年12月31日[土]、2023 年1月1日[日]
会  場  上野の森美術館(東京・上野公園)
      110-0007 東京都台東区上野公園 1-2
観  覧  料  日時指定予約入館制 表示価格は税込(下掲詳細をご確認ください)
      一 般 2,100円、高 校・専 門・大 学生 1,300円、小・中 学 生 900円
────────────────────────
1974年に秦の始皇帝陵の兵馬俑坑が発見されてから、間もなく半世紀。
日中国交正常化50周年の節目ともなる今年、約1年かけて、京都・静岡・名古屋と全国3会場を巡回してきた本展覧会が、このたび上野の森美術館にて開幕します。
本展では、秦の成立に至る春秋・戦国時代から、漢時代の中心地域である関中(*1)の出土品を主として、日本初公開となる一級文物(*2)など約120点が来日。

映画『 劇場版キングダム 』 の中国史監修も務めた、鶴間和幸・学習院大学名誉教授を本展の監修に迎え、古代ローマやエジプトなどといった「西域」との関係性にもアプローチしながら、最新の研究成果をご覧いただくほか、会場内では実物大の兵馬俑の隊列を再現展示するなど、古代中国の歴史をダイナミックに紹介します。
*1:現在の陝西省    *2:最高級の貴重文物を指す中国独自の区分

※ 感染症予防対応のため 日時指定予約入館制前売り販売実施中。下掲詳細を確認の上観覧を
[ 詳 細 : 上野の森美術館   本展特設サイト ]  

【展覧会】上野の森美術館|フェルメール展 Making the Difference : Vermeer and Dutch Art|10月5日-’19年2月3日

20181023210407_00005 20181023210407_00004 20181023210407_00006上野の森美術館
フェルメール展
Making the Difference : Vermeer and Dutch Art
会  期  10月5日[金]-2019年2月3日[日]
会  場  本館1F 本館2F ギャラリー
開館時間  9:30-20:30(入場は閉館の30分前まで)
      *開館・閉館時間が異なる日があります。
      *12月13日[木](休館日が追加となる場合があります)
      *会期中、一部作品の展示替えがあります。
主  催  産経新聞社/フジテレビジョン/博報堂DYメディアパートナーズ/上野の森美術館
【入場券について】
本展は、日時指定入場制です。入場券は事前にご購入ください。
チケットの購入などの情報は公式HPで公開しています。
https://www.vermeer.jp/ticket/
────────────────
オランダ絵画黄金時代の巨匠ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。
国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ現存作はわずか35点とも言われています。
今回はそのうち8点を展示。日本美術展史上最大のフェルメール展を開催いたします。
日本初公開を含むフェルメールの作品のほか、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、
ヤン・ステーンらの傑作を含む約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性をご紹介します。

【 詳細: 上野の森美術館    特設サイト

【展覧会】上野の森美術館 生誕120年/イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展 ── 奇想版画家の謎を解く8つの鍵 The Miracle M.C. Escher 6月6日-7月29日 終了企画

20180413194657_00001上野の森美術館
生誕120年/イスラエル博物館所蔵
ミラクル エッシャー展 ──── 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

The Miracle of M.C. Escher : Prints from The Israel Museum, Jerusalem
会  期  2018年6月6日[水]-7月29日[日] * 会期中無休

開館時間  10:00-17:00  毎週金曜日は20:00まで    * 入館は閉館の30分前まで
主  催  イスラエル博物館、産経新聞社、フジテレビジョン、上野の森美術館
supported by 弁護士法人 東京ミネルヴァ法律事務所

──────────
「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。
コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で “ ミラクル ” な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解いていきます。
デジタル時代の今だからこそ、「版画」にこだわり続けたエッシャーの偉業を再認識できる貴重な機会となることでしょう。

【詳細: 上野の森美術館  特設サイト www.escher.jp 】