タグ別アーカイブ: 堀辰雄文学記念館

【展覧会】堀 辰雄文学記念館 開館25周年企画展 「堀 達雄とすばらしき文学者たち」3月15日-6月17日 終了企画

堀達雄01 堀達雄02

堀 辰雄文学記念館
開館25周年企画展
堀 達雄とすばらしき文学者たち
開催期間:平成30年3月15日[木]-6月17日[日]
開催場所:堀 辰雄文学記念館
──────────
堀 辰雄文学記念館は、平成5年4月2日に開館して今年で開館25周年を迎えます。
これまで多くの皆様方に支えられてきたおかげであり、心より感謝申しあげます。
堀辰雄は旧制第一高等学校で神西清と出会うことにより文学への道を歩み、室生犀星と芥川龍之介を師としました。そして、川端康成、立原道造、中村真一郎、福永武彦など多くの文学者と交流がありました。
今回は開館25周年記念の第一弾として、堀 辰雄が交流した多くの文学者たちについて、作品、書簡、などの関連資料を交えながら、堀 辰雄の世界を紹介いたします。
また、初公開となる資料もあわせて展示いたします。

【詳細: 軽井沢町 堀 達雄文学記念館

開催期間中のイベント
◎野いばら講座
続きを読む

【展覧会】 「野上弥生子展 ~99歳まで書き続けた作家~」 軽井沢高原文庫 10月09日(月・祝)まで  

野上弥生子展01 野上弥生子展02

展覧会 「野上弥生子展 ~99歳まで書き続けた作家~」
軽井沢高原文庫
2017年7月15日[土]-10月9日[月・祝]
──────────
夏目漱石との出会いにより文学に開眼し、明治・大正・昭和を生き抜き、99 歳まで現役の作家として書き続けた類無い明察者、野上弥生子の生涯と文学を紹介します。
とくに代表作「迷路」は、第二次世界大戦を挟み、日本の社会情勢を見つめて、約20年をかけて完成された稀有な長編であり、弥生子の平和への願いは今日の私たちの心に響きます。
弥生子は「真知子」終章以降、「迷路」「秀吉と利休」「森」など長編のほとんどを、北軽井沢山荘で執筆しました。
1928年以来、こよなく愛した北軽井沢での暮らしぶり、文化人・文学者との交友、子どもの本なども紹介。初版本、原稿、書簡、初出紙誌、遺愛の品々など約200点を展示いたします。
今回の展覧会を機に、北軽井沢にあった野上弥生子の離れ(1996 年に当館敷地内に移築)の茅葺屋根の葺き替え工事を行い、再公開します。
【 詳細情報 : 軽井沢高原文庫
──────────
{新宿餘談}
晩夏から本格的な秋の彩りに。高原のまち軽井沢でアフター・バカンスを愉しんでいた別荘族も「山をおりて」、これからは静寂のときを迎えます。
ご案内が遅れましたが、軽井沢高原文庫では、企画展「野上弥生子展 ~99歳まで書き続けた作家~」が間もなく会期を終了します。
多くの文人に愛された軽井沢には 「 堀辰雄文学記念館 」 もあります。秋のいちにち、つれづれに文庫めぐりはいかがでしょう。

展覧会 「野上弥生子展 ~99歳まで書き続けた作家~」の告知フライヤーの見出しには、小社販売の 「 四川宋朝体 龍爪 」 をご使用いただいております。
「四川宋朝体 龍爪」は、唐代中期の顔真卿の筆法を引き継いでいた、四川刊本字様を継承したもので、あたらしいデジタル・タイプとして誕生しました。
龍爪パッケ