タグ別アーカイブ: サントリー美術館

【展覧会】サントリー美術館|京都・智積院の名宝|’22年11月30日-’23年1月22日

サントリー智積院

サントリー美術館
京都・智積院の名宝
会  期  2022年11月30日[水]- 2023年1月22日[日]
      * 作品保護のため、会期中展示替を行います。 * 会期は変更の場合があります
開館時間  10:00 - 18:00(金・土は 10:00 - 20:00)
      * 1月8日[日]は20時まで開館。 * いずれも入館は閉館の30分前まで
休  館  日  火曜日、12月30日[金]- 1月1日[日・祝]
      * 1月17日は18時まで開館
入  館  料  一 般   当日 ¥1,500、 大学・高校 生 当日 ¥1,000、 中学生以下  無 料
      * 障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
主  催  サントリー美術館、総本山智積院、朝日新聞社
────────────────────────
京都・東山に建つ 智積院-ちしゃくいん- は、弘法大師空海(774-835)から始まる真言宗智山派の総本山で、全国に末寺約3,000を擁します。高野山中興の祖といわれる興教大師覚鑁(1095-1143)の法統を受け継ぎ、後に隆盛を極めた紀伊国根来寺山内で室町時代中期に創建されました。天正年間には豊臣秀吉政権の下で一旦衰退しますが、その後、徳川家康の寄進を受け、江戸時代初期には現在の地に再興を遂げました。この地には元々、秀吉の夭折した息子・鶴松(棄丸)の菩提を弔うために建てられた祥雲禅寺があり、長谷川等伯(1539-1610)と息子・久蔵(1568-93)が描いた名高い金碧障壁画群も、智積院による手厚い保護を受けて今日まで大切に守り伝えられてきました。
本展は、国宝「楓図」「桜図」など、誰もが知る障壁画群を初めて寺外で同時公開し、桃山時代の絢爛豪華な抒情美にふれる貴重な機会となります。
また、国宝「金剛経」や重要文化財「孔雀明王像」の他、仏堂を荘厳する仏教美術の貴重な優品や、近代京都画壇を代表する堂本印象(1891-1975)による「婦女喫茶図」に至るまで、智積院が秘蔵する多彩な名宝を一堂に公開します。

※ 感染症予防対応実施中。開催日時等に変更の可能性があります。下掲詳細を確認の上観覧を。
[ 詳 細 : サントリー美術館

[ 参 考 : YouTube サントリー美術館「京都・智積院の名宝」 0:57 ]

【展覧会】サントリー美術館|美 – み – をつくし ― 大阪市立美術館コレクション|’22年9月14日-11月13日

COURSE_IMG_1サントリー美術館
美 – み – をつくし ― 大阪市立美術館コレクション
展示期間  2022年9月14日[水]-11月13日[日]

開館時間  10:00-18:00(金・土は 10:00-20:00)
      * 9月18日㈰、22日㈭、10月9日㈰、11月2日㈬ は 20時まで開館
      * いずれも入館は閉館の30分前まで * 開館時間は変更の場合があります
休  館  日  火曜日  * 11月8日は18時まで開館
入  館  料  一  般  ¥1,500、大学・高校生  ¥1,000、中学生以下  無 料
      * 割引チケット各所で販売中。下掲詳細を確認。

主  催  サントリー美術館、毎日新聞社
──────────────
大阪市立美術館は、東京・京都に次ぐ日本で三番目の公立美術館として、昭和11年(1936)に開館しました。長年にわたり築かれたコレクションは、日本・中国の絵画や書蹟、彫刻、工芸など8500件を超え、時代も紀元前から近代まで実に多彩です。
とりわけ関西の財界人によるコレクションをまとめて収蔵する点に特徴があり、美術館の敷地も住友家から大阪市に本邸跡地が寄贈されました。

現在、大阪市立美術館の建物は、登録有形文化財(建造物)に指定されていますが、開館90周年(2026)を前に大規模な改修工事が行われることとなりました。そこで本展では、この長期休館を機に、各ジャンルから厳選された優品をご紹介いたします。大阪市立美術館でもそろって展示されることが滅多にない名品を、館外で一堂にご覧いただける初めての展覧会です。
展覧会名「美-み-をつくし」は、大阪市章にもかたどられる「澪標-みおつくし」になぞらえたものです。難波津の航路の安全のために設けられた標識「澪標」のように、美の限りをつくしたコレクションの世界へ身をつくしてご案内いたします。

※作品保護のため、会期中展示替を行います。展示開始から一ヶ月、好評展示展開中です。
※本展では一部の作品に限り撮影可能です。詳細は会場の案内をご覧ください。
※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上ご参加を
[ 詳細 : サントリー美術館

【展覧会 予告】サントリー美術館|京都・智積院の名宝|’22年11月30日-’23年1月22日|9月14日前売りチケット発売開始

202211

サントリー美術館
京都・智積院の名宝
展示期間  2022年11月30日[水]-2023年1月22日[日]
      * チケット予約コーナー  9月14日販売開始
      一 般 1,300円(1,500円)
      大学・高校生 800円(1,000円) * カッコ内は当日券の価格です。
★詳細情報は追って報告の予定です。
──────────────
春は桜、秋は楓、秋草。四季を彩る美の競演は、日本美術の永遠不滅のテーマです。京都・東山の総本山智積院には、狩野永徳と並び称される桃山時代の巨匠・長谷川等伯(1539~1610)率いる一門によって、豊臣秀吉の子鶴松の菩提寺祥雲寺に描かれた金碧障壁画群が大切に守られてきました。今回は総本山智積院の名宝を一堂に集め展示するとともに、誰もが知る「桜図」「楓図」「松に秋草図」が寺外で初めて揃って公開される貴重な機会となります。

※作品保護のため、会期中展示替を行います。
※会期は変更の場合があります。
[ 詳細 : サントリー美術館  前売り券情報コーナー

【展覧会 】サントリー美術館|御大典記念 特別展| よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―|’22年1月26日-’22年3月27日

サントリー美術館正倉院宝物

サントリー美術館
御大典記念 特別展
よみがえる正倉院宝物 ― 再現模造にみる天平の技 ―
会  期  2022年1月26日[水]-3月27日[日]
      * 作品保護のため、会期中展示替を行います。
開館時間  10:00-18:00(金・土は 10:00-20:00)
      * 2月10日[木]、3月20日[日]は 20 時まで開館
      * いずれも入館は 閉館の 30 分前まで
休 館 日  火曜日  * 3月22日は開館
入 館 料  一 般 ¥1,500、大学・高校生 ¥1,000、中学生以下 無 料
      * 前売期間は 2021年11月17日[水]-2022年1月25日[火]まで
主  催  宮内庁正倉院事務所、サントリー美術館、朝日新聞社、NHK
──────────────
天皇陛下の御即位をはじめとする皇室の御慶事を記念し、正倉院宝物の精巧な再現模造の数々を一堂に公開する展覧会を開催します。
正倉院宝物とは、奈良・東大寺の倉であった正倉院正倉に伝えられた約9000件におよぶ品〻です。聖武天皇ゆかりの品をはじめ、その多くが奈良時代の作で、調度品、楽器、遊戯具、武器・武具、文房具、仏具、文書、染織品など多彩な分野にわたります。
中には、西域や唐からもたらされた国際色豊かな品々も含まれるなど、天平文化華やかなりし当時の東西交流もうかがい知ることができます。

しかし、1300年近くという長い時代を経て今日にいたる正倉院宝物は、きわめて脆弱であるため、毎年秋に奈良で開催される「正倉院展」で一部が展覧される以外はほとんど公開されてきませんでした。
正倉院宝物の模造製作は、明治時代に奈良・東大寺で開催された奈良博覧会を機に始められました。明治時代後半より、宮内省正倉院御物整理掛のもとで、模造製作は修理と一体の事業として取り組まれましたが、昭和47年(1972)からは宝物を管理する宮内庁正倉院事務所によって宝物の材料や技法、構造の忠実な再現に重点をおいた模造製作が行われるようになります。
以来、人間国宝ら伝統技術保持者の熟練の技と最新の調査・研究成果との融合により、優れた作品が数多く生み出されてきました。

本展は、これまでに製作された数百点におよぶ再現模造作品の中から、選りすぐりの逸品を一堂に集めて公開するものです。再現された天平の美と技に触れていただくとともに、日本の伝統技術を継承することの意義も感じていただけることと思います。

[ 詳細:サントリー美術館

【展覧会】サントリー美術館|開館60周年記念展|千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」|’21年11月17日-’22年1月10日

サントリー美術館メーン

サントリー美術館
開館60周年記念展
千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」
会  期  2021年11月17日[水]-2022年1月10日[月・祝]
      * 作品保護のため、会期中展示替を行います。
開館時間  10:00-18:00(金・土は10:00-20:00)
      * 11月22日[月]、1月9日[日]は20時まで開館
      * いずれも入館は閉館の30分前まで
休  館  日  火曜日
      * 11月23日、1月4日は18:00まで開館
      * 12月28日[火]-1月1日[土・祝]は年末年始のため休館
入  館  料  一 般 ¥1,500、大学・高校生 ¥1,000、中学生以下 無 料
主  催  サントリー美術館、和宗総本山四天王寺、日本経済新聞社

──────────────
令和3年(2021)は聖徳太子(574-622)の1400年遠忌にあたり、太子ゆかりの寺院では、周年を迎える令和4年にかけて盛大な法会や記念事業が営まれています。
用明天皇の皇子として生まれた聖徳太子は、推古天皇の摂政を務め、十七条憲法の制定や遣隋使の派遣など国家の礎を築いたことで有名な人物です。さらに、大阪・四天王寺や奈良・法隆寺の創建に代表されるように、仏教を深く修め、その興隆に尽くしました。太子は、「日本仏教の祖」として没後まもなく信仰の対象となり、天台宗開祖・最澄や浄土真宗開祖・親鸞、時宗開祖・一遍などの名だたる高僧や、貴賤を問わず多くの人々からの尊崇を集めてきました。

本展覧会では、太子信仰の中核を担ってきた四天王寺の寺宝を中心に、信仰の高まりとともに各地で造られたさまざまな太子像やゆかりの品々をご紹介します。太子の生涯をたどりながら、1400年の時を経て、今なお人々に親しまれる太子信仰の世界を紐解きます。

※ 感染症予防対応実施中。下掲詳細を確認の上展観を。
[ 詳細 : サントリー美術館

【展覧会】サントリー美術館|サントリー芸術財団50周年|黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ── 美濃の茶陶|9月4日-11月10日

20190919214734_00007 20190919214734_00008サントリー美術館
サントリー芸術財団50周年
黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ── 美濃の茶陶
2019年9月4日[水]-11月10日[日]  * 作品保護のため、会期中展示替を行います。
開館時間  10:00-18:00(金・土は10:00-20:00)
      * 9月15日[日]、22日[日]、10月13日[日]、11月3日[日・祝]20時まで開館。
      * いずれも入館は閉館の30分前まで
休  館  日  火曜日
      * 11月5日は18時まで開館      * shop×cafeは会期中無休
入  館  料  一般 ¥1,300、大学・高校生 ¥1,000 * 中学生以下 無料
主  催  サントリー美術館、読売新聞社
──────────────
桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されました。岐阜県の美濃(東濃地域)では、力強い姿、鮮やかな色、斬新な意匠をもつ茶陶「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部」が大量に焼かれ、おおいに流行しました。
しかし実は、「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部」が美濃で焼かれたと分かるのは昭和のことで、それ以前は瀬戸(愛知県)で焼かれたと考えられていました。昭和5年(1930)、荒川豊蔵(あらかわとよぞう・1894-1985)が岐阜県可児市久々利大萱の古窯跡から志野筍絵筒茶碗の陶片を発掘したことにより、志野が瀬戸ではなく美濃で焼かれたことが明らかになります。

この大発見は、美濃焼に人々の関心が集まる契機になりました。また、この頃から近代数寄者、目利き、陶芸家、古陶磁研究家などがそれぞれの立場から活発に古陶磁を蒐集し、研究し、意見を交わし、審美眼を鍛えました。やきものを愛する彼らにとって、美濃焼は憧れの存在になっていきました。
本展覧会では、個性的で生き生きとした美濃焼の造形の魅力をお楽しみいただければと思います。同時に、近代数寄者旧蔵の名品や、近代陶芸家の荒川豊蔵と加藤唐九郎(かとうとうくろう・1897-1985)の代表作を通じて、近代以降の美濃焼の人気や評価の高まりを感じていただけましたら幸いです。

[ 詳細: サントリー美術館

【展覧会】サントリー美術館 ガレも愛した-清朝皇帝のガラス 4月25日- 7月1日

20180411144432_00001 サントリー美術館
ガレも愛した-清朝皇帝のガラス

◯ 会  期 2018年4月25日[水]-7月1日[日]
* 作品保護のため、会期中展示替を行う場合があります。
◯ 開館時間 10:00-18:00(金・土は10:00-20:00)
* 金・土および4月29日[日・祝]、5月2日[水]、3日[木・祝]は20時まで開館
* 5月26日[金]は六本木アートナイトのため24時まで開館
* いずれも入館は閉館の30分前まで
◯ 休  館  日 火曜日
* 5月1日、6月26日は18時まで開館
* shop × cafe は会期中無休
◯ 入  館  料    一般  ¥1,300、大学・高校生  ¥1,000
◯ 主  催  サントリー美術館、朝日新聞社
──────────
中国のガラスの起源は古く、春秋時代末期から戦国時代(紀元前5~前3世紀)に遡ります。当初は主に儀式にまつわる璧や剣装、あるいはトンボ珠や環などの装飾品が多く、貴石や玉の代用品の役割を果たしました。

その長きにわたる歴史の中で、ガラス工芸が飛躍的に発展したのは、清王朝の時代です。康煕35年(1696)、第4代康煕帝(在位1661-1722)が紫禁城内にガラス工房・玻璃廠を設置し、皇帝のためのガラス作りを開始したことが契機となりました。第5代雍正帝(在位1722-35)もこれを引き継ぎ、続く第6代乾隆帝(在位1735-95)の治世には、ヴァリエーションも豊かに栄華を極めます。

ガラスといえば、「透明性」と「はかなさ」が最大の魅力ですが、特に最盛期の清朝のガラスは趣が異なり、「透明」と「不透明」の狭間で、重厚で卓越した彫琢が際立っています。その類まれなる美しさは、フランス・アール・ヌーヴォー期を代表する芸術家エミール・ガレ(1846-1904)をも魅了し、彼の造形に取り込まれていきました。
本展は、清朝皇帝のガラスの美を、ガレの作品とも比較しながら、有数のコレクションでご紹介する試みです。英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館から来日する作品群とともに、お楽しみください。

【詳細: サントリー美術館

【展覧会】 サントリー美術館 国宝 《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》 修理後初公開 神の宝の玉手箱 5月31日[水]─7月17日[月・祝]

サントリー美術館5-7展覧会サントリー美術館 六本木 開館10周年記念展
国宝 《浮線綾螺鈿蒔絵手箱》 修理後初公開
神の宝の玉手箱

会   期:2017年5月31日[水]-7月17日[月・祝]
* 作品保護のため、会期中展示替をおこないます。
開館時間:10:00-18:00(金・土は10:00-20:00)
*
7月16日(日)は20時まで開館
* いずれも入館は閉館の30分前まで
* shop×cafeは会期中無休
休  館 日:火曜日 * 7月11日は開館
──────────
今も昔も、きらびやかで美しい箱は、人〻を惹きつけてやみません。内容品が大切であればあるほど、また、所有する者の身分が貴いほど、箱は美しく仕立てられ、〝玉なる箱〟として愛でられてきました。
「手箱」はその代表格で、もともと貴人の手回り品を入れるためのものが、蒔絵や螺鈿といった当時最高の装飾技法によって飾られ、神々のお使いになる具として奉納されるようにもなります。特に中世の手箱は、漆芸技法の結晶美ともいえるほど技術の粋が凝縮され、「神宝」として、あるいは一部の特権階級の所有として伝わるにふさわしいものばかりです。

本展は、このたび約50年ぶりに修理を行った国宝 《浮線綾螺鈿蒔絵手箱(ふせんりょうらでんまきえてばこ)》(サントリー美術館蔵) を修理後初公開することを基点に、人〻が生活の中で用いてきた手箱の姿を織り交ぜつつ、特別に仕立てられた手箱についてその魅力を特集するものです。
特に、名だたる神社に伝わった手箱を、表着(うわぎ)、沓(くつ)、檜扇(ひおうぎ)などの服飾から、鏡、鏡台、硯箱などの調度(ちょうど)にわたる様々な神宝類と合わせて展示します。

また、このたびの修理等を通して知られた、名品手箱の手間を惜しまない複雑な技法の工程と高度な技をご紹介しつつ、近現代の名工が手がけたそれら手箱の模造を通して、輝きに満ちた制作当初の姿をご覧いただきます。
金や螺鈿きらめく玉なる手箱―“玉手箱”。各時代で人々を魅了し、時に神様に捧げられた技と美をご堪能ください。
【 詳細 : サントリー美術館

【展覧会】 サントリー美術館 六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝 3月29日[水]─5月14日[日]

サントリー美術館サントリー美術館
六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝
2017年3月29日[水]-5月14日[日]
──────────
文学と美術を融合させた「絵巻」は、日本で隆盛をみた芸術様式です。
現代人にとって絵巻といえば、美術館や博物館でガラス越しに出会うことが多いのではないでしょうか。しかし絵巻は本来、鑑賞者が実際に手にとって楽しむものであり、中世以来日本人は、その掌中で展開する絵物語に魅了されつづけてきました。
本展では、後白河院(ごしらかわいん)、花園院(はなぞのいん)、後崇光院(ごすこういん)、三条西実隆(さんじょうにしさねたか)、そして足利歴代将軍など 《絵巻マニア》 とでも呼ぶべき愛好者に注目し、鑑賞記録などをたどりながら、その熱烈な絵巻享受の様相を探ります。

マニアたちの絵巻愛は、鑑賞や蒐集だけにとどまりません。彼らの熱意は同時代の美術を牽引し、新たな潮流を生み出すエネルギーとなりました。有力パトロンでもあった絵巻マニアたちの姿を追うことで、知られざる絵巻制作の実態と背景もご紹介します。
絵巻マニアたちはそれぞれ個性に満ちています。この展覧会では、その列伝をお楽しみいただくとともに、歴代のマニアを俯瞰することで見えてくる、繰り返される絵巻の憧憬と再生の歴史を描き出します。 かつて誰かが確かに愛した絵巻の名品が一堂に揃う本展は、絵巻マニアたちの狂おしいほどの情熱を追体験できる貴重な機会となるでしょう。
今までにない絵巻展をぜひお楽しみください。
──────────
◯ 会    期 : 2017年3月29日[水]-5月14日[日]
※作品保護のため、会期中展示替をおこないます。
◯ 開館時間 :10:00-18:00 (金・土は10:00-20:00)
※5月2日[火]-4日[木・祝]は20時まで開館

※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休
◯ 休 館  日 : 火曜日
※5月2日は20時まで開館

【 詳細 : サントリー美術館 】