タグ別アーカイブ: 国立映画アーカイブ

【上映】国立映画アーカイブ 開館記念{映画を残す、映画を活かす。} 4月10日─ 4月22日 終了企画

nfaj01 nfaj02

国立映画アーカイブ
開館記念
{映画を残す、映画を活かす。}

会 期:2018年4月10日[火]-4月22日[日]
休館日:月曜日
会 場:国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU(2 階)
    *大ホールは、2018年4月1日より長瀬記念ホール OZU と改称します。
定 員:310名(各回入替制・全席自由席)
──────────
国立映画アーカイブ開館記念の企画上映第一弾「映画を残す、映画を活かす。」では、1952年の東京国立近代美術館(当時は国立近代美術館)フィルム・ライブラリー事業から始まった、日本における映画アーカイブの歩みをふり返り、多くの映画人と関係者、フィルム所有者の協力を得て収集・保存された8万本を超える所蔵フィルムの中から、日本映画史上の代表的な映画人、トピックをおさめた映像を厳選し、その映画人の代表作や近年の復元作とあわせて紹介します。

小津安二郎、黒澤明、衣笠貞之助、稲垣浩、五所平之助たちの演出風景や、成瀬巳喜男やマキノ雅弘、阪東妻三郎らが談笑する姿、そして尾上松之助やかつての撮影所がスクリーンに甦る瞬間、あるいは『生きものの記録』『煙突の見える場所』が、本来の驚くほど艶やかで豊かな階調の白黒映像をスクリーン上に再現する瞬間、映画が私たちの時や記憶を後世へと紡ぐ貴重な文化遺産であり、20世紀芸術であることをあらためて実感されることでしょう。

本特集で、これらの映画人たちの功績に思いをはせながら、映画を、歴史的文化遺産として大切に保存すると同時に、来るべき世代も私たちと同じように作品本来の表現を鑑賞できるようにする、その意義と必要性を感じていただければ幸いです。

【詳細: 国立映画アーカイブ