タグ別アーカイブ: 須坂版画美術館

【展覧会 会期末迫る】 須坂版画美術館 月岡芳年「月百姿」展/落合芳幾「今様擬源氏」展 9月28日[木]-12月25日[月]

月百姿展01月百姿展02≫フライヤーダウンロード PDF

月岡芳年「月百姿」展
須坂版画美術館 展示室 1
会期 : 2017年9月28日[木]-12月25日[月]
──────────
月岡芳年(つきおか-よしとし 1839-1892)は、幕末から明治前期にかけて活躍した浮世絵師です。
1850(嘉永3)年、12歳で当時の人気浮世絵師・歌川国芳に入門し、1860(万延元)年頃より本格的に絵師として活動をはじめました。
過激な血の表現を用いた、いわゆる「血みどろ絵」をはじめ、歴史絵や美人画、役者絵、古典画などの多種多様な浮世絵を手がけ、各分野において独特の画風を見せながら、明治へと移り変わる激動の時代の中で、鮮烈な作品の数々を生み出しました。

浮世絵が需要を失いつつある時代にあって、最も成功した浮世絵師であり、門下からは日本画家と洋画で活躍する画家を多く輩出した『最後の浮世絵師』と呼ばれています。
画家としての活動は約33年間。その間に描かれた題材は500以上あり、芳年の生涯の制作作数は1万にも及び、葛飾北斎に次ぐ多作家でした。

*        *        *         *

落合芳幾「今様擬源氏」展
須坂版画美術館 展示室 2
会期 : 2017年9月28日[木]-12月25日[月]
──────────
落合芳幾(おちあい-よしいく 1833-1904)も、芳年と同じく歌川国芳に入門し活躍した浮世絵師です。一時は浮世絵師として芳年と人気を二分するほどでしたが、後に新聞人として、また挿絵画家として作品を発表し、新聞の発行にもかかわりました。
開化的なものに関心があり、横浜絵などを描いた点は芳年とは異なりますが、国芳譲りのダイナミックな構図や色使いは、どこか芳年と同じ印象を受けます。
1861(文久元)年に国芳が没し、芳幾は遊女屋風俗などを描き、芳年とともに幕末から明治初期にかけての浮世絵師の第一人者となりました。芳年の「月百姿」と合わせて幕末の浮世絵師たちの競演をお楽しみください。

【 詳細情報 : 須坂版画美術館 】 { 文字壹凜 Summary

【展覧会】 ジョアン・ミロ版画展/須坂版画美術館

20170726155255_00001 20170726155255_00002 20170726173826_00001ジョアン・ミロ版画展 
JOAN MIRO Print Exhibition

◯ 会 場 : 須坂版画美術館
◯ 会 期 : 2017年8月3日[木]-9月24日[日]
前期 : 8月3日[木]-8月29日[火]
後期 : 9月1日[金]-9月24日[日]
────────
19世紀から20世紀にかけて、スペインでは偉大な画家が続けざまに誕生しました。
まずパブロ・ピカソ(1881)、続いてジョアン・ミロ(1893)、少し遅れてサルバドール・ダリ(1904)の三人です。
かられはダダやシュルレアリスムの影響を受けながら、絵画で様々な手法を試すとともに、作品制作は絵画だけに留まらずリトグラフや陶器、彫刻、巨大なモニュメント、壁画などのあらゆる手段を用いて自分のイメージを表現しています。
ただし、この中で最後までスペインにこだわり続けたのはミロのみでした。

ジョアン・ミロは生涯にわたって版画技法の実験と探求を続け、特に興味深い創造の分野として版画を位置づけていました。
35歳のときに本格的に版画作品を手掛けて以来、発表されたその作品は2,000点を超え、まさにミロのライフワークともいえるものでした。それぞれの版表現の領域で、独自の造形世界を繰り広げています。 

本展では、群馬県立近代美術館、群馬県立館林美術館、高崎市美術館コレクションより、ミロの貴重な版画作品をご紹介します。自由な画風と心躍る配色、ミロの版画世界をお楽しみください。

【 詳細 : 須坂版画美術館

【展覧会】 風船画伯 谷中安規展 須坂版画美術館 ── 君はまた、不思議な魅力を持ってゐた 7月30日まで

20170519140851_00001 20170519140851_00002風船画伯 谷中安規 展
会  期 : 2017年4月12日[水]-7月30日[日]
会  場 : 須坂版画美術館
──────────
ようこそ!安規 Yasunori ワールドへ!
版画家・谷中安規(たになか やすのり 1897-1946)は、幻想と怪奇の木版画で知られ、明治末期から昭和初期にかけて数多くの個性的な版画家を輩出した創作版画運動にあって、とりわけ異彩を放つ作家のひとりです。1930年代の東京を風船のように放浪していたことから「風船画伯」と呼ばれています。
幻想世界の一方で、震災後の復興がもたらしたモダン都市・東京を描いた「街の本」、小説「王様の背中」では挿絵や装幀も手掛け、谷中ならではの光と影が織りなす幻想世界が作品にはちりばめられています。

谷中安規生誕120年を迎えた今年、当館コレクションより谷中作品を一堂に展覧します。
現実とまぼろしを行き来するような、谷中の怪奇と妖気あふれる独創世界にぜひ迷いこんでみてはいかがでしょう。
──────────
谷中安規 たになか-やすのり 1897−1946

大正-昭和時代前期の版画家。
明治30年1月18日生まれ。東京の豊山中学を中退。永瀬義郎にまなぶ。昭和6年日本版画協会の創立に参加。版画誌「白と黒」「版芸術」同人となり、幻想的な画風の作品を発表。
内田百間(ひゃっけん)、佐藤春夫らの作品の挿絵、装丁も手がけた。放浪癖や奇行で知られ、窮乏生活の末に栄養失調で昭和21年9月9日死去。50歳。奈良県出身。

【 詳細 : 須坂版画美術館