タグ別アーカイブ: 弥生美術館

【展覧会】竹久夢二美術館  明治150年記念Ⅰ 明治の夢二 + 弥生美術館 文豪・泉 鏡花 × 球体関節人形 7月1日-9月24日

夢二07月

竹久夢二美術館
明治150年記念Ⅰ 明治の夢二
会  期 7月1日[日]-9月24日[月・祝]
開館時間 午前10時-午後5時 (入館は4時30分まで)
休  館  日 月曜日
     * 7/16[月・祝]、8/13[月]、9/17・24[月・祝]開館、
      7/17、9/18[火]休館
料  金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
     (弥生美術館もご覧いただけます)
──────────
「竹久夢二氏は、明治の歌麿」 萩原朔太郎の言葉(昭和6年)より
竹久夢二(明治17-昭和9年(1884-1934)というと「大正ロマン」のイメージですが、明治末にはすでに若者を中心に絶大な人気を得ていました。
「夢二式美人」が誕生したのも、夢二の代表作「宵待草」の原詩が発表されたのも明治時代です。浪漫主義が花開き、自己表現への関心が高まった明治30年代。それに呼応するように登場した夢二は、甘く感傷的な時代の気分を体現しました。当時の夢二は、興隆しつつあった社会主義運動への傾倒もみせています。

本展覧会では、誕生からデビュー、人気挿絵画家となるまで、明治時代の竹久夢二に焦点をあてご紹介いたします。

【詳細情報: 竹久夢二美術館

☆     ☆     ☆

弥生05弥生美術館
文豪・泉 鏡花 × 球体関節人形
会  期 7月1日[日]-9月24日[月・祝]
開館時間 午前10時-午後5時 (入館は4時30分まで)
休  館  日 月 曜 日
* 7/16[月・祝]、8/13[月]、9/17・24[月・祝]開館、
7/17、9/18[火]休館
料  金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(竹久夢二美術館もご覧いただけます)

──────────
泉 鏡花(1873-1939)は、明治後期から昭和初期かけて活躍した文学者です。
神なのか、魔物なのか、人なのか …… 鏡花文学の謎めいた女人たちの存在は、人形と通じ合うものがあります。人形もまた本来は無機質なものながら、命あるものの気配を漂わせる不可思議な存在です。
特に「球体関節人形」という、現代の「活き人形」というべきリアルな人形には、「本当に生きているのかもしれない」、「心があるのかもしれない」と錯覚させられるほどの存在感があり、見る者は圧倒させられます。 球体関節人形の草分け的な存在である吉田 良と、その指導を受けたピグマリオンの作家が、鏡花文学のヒロインたちを人形に制作しました。
また、明治-大正期に鏡花作品を飾った木版印刷、石版印刷による、口絵、肉筆の手紙などで鏡花の人生と文学を紹介します。

クラウドファンディング Makuake
「球体関節人形による泉 鏡花の世界」応援をお願いします。

https://www.makuake.com/project/yayoi-yumeji-museum02/

弥生美術館Makuake プロジェクト トップ画面
球体関節人形による泉 鏡花の世界 ~ 吉田 良とピグマリオンのドール&鏡花本 ~

【詳細: 弥生美術館

【展覧会】弥生美術館{滝田ゆう展─昭和×東京セレナーデ}好評開催中 3月25日[日]まで

弥生美術館

弥生美術館
滝田ゆう展 ─ 昭和 × 東京セレナーデ 
会  期    2018年1月3日[水]-3月25日[日]
開館時間    午前10時-午後5時 (入館は4時30分まで)
休  館  日      月曜休館 * ただし、1月8日・2月12日(月祝)開館、1月9日・2月13日(火)休館
料  金      一般900円/大・高生800円/中・小生400円(竹久夢二美術館もご覧いただけます)
──────────
「げんまいパ~ンのホヤホヤァ~ン」。

できたての温かい玄米パンを売るおじさんの声が響くのは、戦前の東京下町・向島区の寺島町。色街として知られた「玉の井」は、漫画家・滝田ゆう(1931-1990)が生まれ育った故郷です。
貸本漫画家を経て、1968年より『月刊漫画ガロ』に連載した「寺島町奇譚」シリーズが絶賛された滝田は、その後も温かく柔らかなタッチによる作品を発表し、人気を博しました。

本展では、連載開始から50年となる「寺島町奇譚」の原画の他、戦前・戦中の東京下町の風俗が綿密に描きこまれたカラーイラストや「泥鰌庵閑話」の原画、関連資料などを多数紹介。そこにあるのは戦禍で失われた裏通りの庶民の日常と、情感豊かに描かれた切なく懐かしい町の面影……。人々の心に優しく染みわたる、滝田の記憶の風景が鮮やかに浮かび上がります。

【 詳細情報 :弥生美術館  】 ☆初出:01月05日